月影兵庫 上段霞斬り 作品情報

つきかげひょうごじょうだんかすみぎり

週刊東京に連載された南条範夫の「月影兵庫聞書抄」を映画化

当時、江戸城重臣たちの間には、将軍家斉の機嫌を取り結ぶために、美女献上の風潮があった。老中松平伊豆守は、京の公卿西四条小納言の三女・綾姫を差し出そうと図った。だが、同じ老中職にある牧野備前守の手の者によって姫はどこかに連れ去られていた。

「月影兵庫 上段霞斬り」の解説

週刊東京に連載された南条範夫の「月影兵庫聞書抄」を映画化したもの。「天竜の鴉」の柳川真一と「鳴門の花嫁」の西村八郎が共同で脚色、「千代田城炎上」の安田公義が監督した。撮影は「紅あざみ」の竹村康和。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督安田公義
出演勝新太郎 島田竜三 鶴見丈二
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「月影兵庫 上段霞斬り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:35

広告を非表示にするには