築地魚河岸三代目 作品情報

つきじうおがしさんだいめ

誰にも負けない真っ向勝負の心意気!

エリート商社マンの赤木旬太郎はリストラの陣頭指揮を任され思い悩んでいた。そんな時、恋人の明日香が家業である築地市場の仲卸「魚辰」と装飾デザイナーの仕事を掛け持ちで奮闘していることを知る。明日香を助けたい一心で「魚辰」を手伝い始めたものの、ド素人の身では足手まといになるばかりだった。それでも、活気に満ちた魚河岸に心惹かれるようになった旬太郎は、生き方を変える大きな決断をする。

「築地魚河岸三代目」の解説

厳しくも温かい魚河岸の人々に触発されて人生を仕切り直す男を主人公にしたこの人情味溢れるドラマは、小学館「ビッグコミック」に連載の大人気コミックを映画化した。商社マンから築地の男に転身する赤木旬太郎を演じる大沢たかおの人懐こい笑顔がはまっている。喜劇の中で人情の機微を丁寧に描くという日本映画の伝統とも言える正攻法な演出が冴えるのは、「奈良へ行くまで」「壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男」など数々のTVドラマを手がけてきたベテラン松原信吾。おせっかいも、勘違いも、あるいは相手を思いやって口をつぐむことも、すべてをひっくるめた人間模様を描き、早々とシリーズ化も決定している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年6月7日
キャスト 監督松原信吾
原作はしもとみつお
出演大沢たかお 田中麗奈 伊原剛志 森口瑤子 柄本明 伊東四朗
配給 松竹
制作国 日本(2008)
上映時間 116分

(c)「築地魚河岸三代目」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.7点★★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「みーすけ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2009-02-12

主役2人が良い。都会&魚屋のどちらにいても自然な雰囲気で入りこめた。しかしエイジや千秋の行動など途中から展開が強引。都合のよさが目についたが魚はうまそうだしハッピーエンドで楽しい。


レビューを投稿する

「築地魚河岸三代目」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-14 18:40:23

広告を非表示にするには