アフタースクール 作品情報

あふたーすくーる

予測不能な展開に、騙されてこそ楽しめる痛快作

アフタースクールのイメージ画像1

母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の妻を、仕事で忙しい木村の代わりに神野が病院まで送りとどけた。その日、夏休み中だが部活のため出勤した神野のもとに、同級生だという探偵が訪ねてくる。島崎と名乗る探偵は木村を捜していた。若い女性と親しげにしている木村の写真を探偵に見せられた神野はショックを受け、なかば強引に木村捜しを手伝うことになってしまう。

「アフタースクール」の解説

カンヌ国際映画祭等で数々の映画賞に輝いた『運命じゃない人』から3年。内田けんじ監督作品に、大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人ら人気・実力を兼ね揃えたキャストが集結した。探偵(もしくは何かを調査、模索する人物)を狂言回し的に配置することを踏襲しながらも、時間軸を少しずつずらしながら、別の視点で同じシーンを見せることによってパズルを解いていくような痛快なストーリーテリングで見せた前作(デビュー作『WEEKEND BLUES』も同じテイスト)と違い、本作では“信じていたものが一気にひっくり返るような”想像を超えた展開が待ち受けている。内田けんじの作劇術にまんまと騙されてこそ楽しめる痛快作。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年5月24日
キャスト 監督・脚本内田けんじ
出演大泉洋 佐々木蔵之介 堺雅人 田畑智子 常盤貴子 北見敏之 山本圭 伊武雅刀
配給 クロックワークス
制作国 日本(2007)
上映時間 102分

(C)2008「アフタースクール」製作委員会 [DVD情報/Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.43点★★★★☆、30件の投稿があります。

P.N.「みんな誉めすぎ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-08-07

内田けんじ、キャリア最大の汚点。二匹目のドジョウは居なかった。話が嘘臭い。芝居も手探り状態で妙な力みが出ていた。なんと言っても、板谷由夏が出ていない!


レビューを投稿する

「アフタースクール」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-13 15:36:47

広告を非表示にするには