東京の女性 作品情報

とうきょうのじょせい

「旅情」の田中重雄が監督したメロドラマ

君塚節子は自動車会社光和モータースに勤めるタイピストである。妹の水代も、同じ職場に就職が内定していた。ある日、節子は高級車とトラックの追突事故現場で、同じ社のセールスマン木幡を見た。節子は以前から彼に好意を持っていた。帰途、木幡のベンツに同乗した節子は、彼の話をきき戦闘的なセールスという職業に心ひかれた。水代の就職が決まった日、節子は一森部長から、へんに好意的な態度を示されて…。

「東京の女性」の解説

丹羽文雄の原作を「特ダネ三十時間 白昼の脅迫 女の牙」の舟橋和郎が脚色、「旅情」の田中重雄が監督したメロドラマ。「セクシー・サイン 好き好き好き」の小原譲治が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田中重雄
出演山本富士子 叶順子 菅井一郎
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「東京の女性」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:25

広告を非表示にするには