ブレードランナー ファイナル・カット 作品情報

ぶれーどらんなーふぁいなるかっと

製作25周年を迎え、SFの金字塔的作品をリドリー・スコット監督が自らの手で再編集!

ブレードランナー ファイナル・カットのイメージ画像1

2019年、ロサンゼルス。高い身体能力と知能を持つ人造人間・レプリカント4体がコロニーの開墾労働から逃亡した。これを処理するために、合法的にレプリカントを処刑する権限を持つ捜査官・ブレードランナーのデッカードが追跡を開始。捜査を進める中で彼はレプリカントの製造元であるタイレル社を訪れ、そこで美しいレプリカントのレイチェルと出会う。彼女は自らが人間なのかレプリカントなのかわからずに苦悩しており……。

「ブレードランナー ファイナル・カット」の解説

1982年に製作・公開され、世界的なヒットを記録した『ブレードランナー』。殺人を犯して逃亡するレプリカントとそれを追う捜査官・ブレードランナーの姿をそれまで見たことのないような近未来世界の中で描いた、誰もが知るSF映画の金字塔かつ分水嶺となった作品だ。誕生から25周年を迎えた07年、リドリー・スコット監督自らの手でこの作品を再編集。『ディレクターズカット/ブレードランナー最終版』をベースにデジタル修正等を行い、『ブレードランナー ファイナル・カット』を完成させた。未公開シーンも追加されてより美しくなり、より深みを増しただけに『ブレードランナー』ファンならマストで観ておきたい作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年11月17日
キャスト 監督リドリー・スコット
原作フィリップ・K・ディック
出演ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー ショーン・ヤング エドワード・ジェームズ・オルモス ダリル・ハンナ M・エメット・ウォルシュ
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2007)

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. A LADD COMPANY RELEASE IN ASSOCIATION WITH SIR RUN RUN SHAW THRU WARNER BROS. A WARNER BROS. ENTERTAINMENT COMPANY.TM & (c)THE BLADE RUNNER PARTNERSHIP. ALL RIGHTS RESERVED.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-09-12

再編集版をIMAXで鑑賞(期間限定上映)。素晴らしかったです!今の技術もですが、そもそもこの映画が約40年も前に作られたことに驚愕。そして2019年11月はホントすぐソコ。地球があんなに荒廃してなくてヨカッタ。…自分の年齢があがると理解度も変わり「こういうことだったか」と改めて思ったりしました。しかしグロシーンは大画面ではキツかった(>_<)

最終更新日:2019-09-17 16:00:07

広告を非表示にするには