マッシュルーム・クラブ 作品情報

まっしゅるーむくらぶ

スティーブン・オカザキ監督が撮った、ヒロシマの現実

『Days of Waiting/待ちわびる日々』(1990年)でアカデミー賞を受賞した日系三世の映画作家スティーヴン・オカザキ。本作は、オカザキ監督が原爆60周年を迎えた2005年当時のヒロシマの現在を考察し、自らのナレーションを交えながらパーソナル・フィルムとして仕上げた短編ドキュメンタリーである。
「はだしのゲン」の作者・中沢啓治、あの日亡くなっていった人々のボタンを河原で拾い続ける佐伯敏子、そして母親の胎内で被爆した原爆小頭症患者とその家族の会「きのこ会」など、10人の被爆者が登場。見るものの魂をゆさぶる個々の物語の先に描かれているのは、ヒロシマで起きた惨事の記憶が風化しつつある日本の現状だ。日米両国で大きな反響を呼んだ最新長編作『ヒロシマナガサキ』の原点とも言える本作品は、2005年にアカデミー賞短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年11月10日
キャスト 監督・製作・脚本・撮影・編集スティーヴン・オカザキ
配給 シグロ
制作国 アメリカ(2005)
上映時間 35分

(C)2005 Farallon Films.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「マッシュルーム・クラブ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:53:24

広告を非表示にするには