やじきた道中 てれすこ 作品情報

やじきたどうちゅうてれすこ

弥次喜多コンビと売れっ子花魁が旅に出た。

時は太平。大阪で“てれすこ”と呼ばれる不思議な生物が捕獲され、人々の話題を集めていた。その頃、江戸、品川の遊郭「島崎」では、売れっ子花魁(おいらん)のお喜乃が、新粉細工職人の弥次さんに、本物そっくりの指を粉で作らせて、お客に「想いの深さを表す切り指」と偽って渡し、金をせしめていた。そんな中お喜乃は、沼津にいる病気の父に会うため、遊郭を抜け出し、一緒に逃げて欲しいと涙ながらに弥次さんに頼む。

「やじきた道中 てれすこ」の解説

「東海道中膝栗毛」でお馴染みの、弥次さん、喜多さんの物語に、落語の人気演目「てれすこ」を取り入れた人情喜劇。花魁・お喜乃の手玉に取られた弥次さんが、喜多さんと三人で沼津まで下る珍道中だ。監督は、『愛を乞うひと』の平山秀行。平山監督は、『しゃべれどもしゃべれども』でも、落語を素材にしているが、「落語を取り入れた正統派の時代劇、王道の映画を作りたかった」とインタビューで語っている。主演は中村勘三郎、柄本明の芸達者な弥次・喜多コンビに、花魁役の小泉今日子。『転々』などで、本領を発揮し始めた小泉今日子だが、本作の花魁では女優として見事に開花。勘三郎、柄本の二人に引けをとらない演技を見せている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年11月10日
キャスト 監督平山秀行
出演中村勘三郎 柄本明 小泉今日子 ラサール石井 間寛平
配給 松竹
制作国 日本(2007)
TV放映 2019年2月17日 サンテレビ

(C)『てれすこ』講中

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-12-03

シリアスとコメディの切り替えが上手く、錯綜する中に、町人の不屈の生命力がある。町人ばかりか、武士も僧侶も、ちゃっかりと生き抜いている。キャストも「そのポジションに配置するだけで、粋な洒落」と言った人たちが、さりげなく出てくる所が壺ですね。映画に行く前に、「ドラクエ8」をやりこんでおくと、感動して泣き笑いなシーンがあります。

最終更新日:2019-11-17 00:01:02

広告を非表示にするには