艶恋師 作品情報

いろこいし

女を救うは、我が宿命!男の意地と矜持が燃える、本格官能ロマン!!

神楽坂の花街で、ある芸者の私生児として生まれた菊之介。その後、料亭の女将・辰吉に育てられる菊之介は、三味線と禁欲を厳しく仕込まれた。18歳で芸者の牡丹の手ほどきで「男」になる菊之介は、竿師としての才能を開花させた。そして、不幸な女の身と心を救う竿師となるための女修業を積む。彼の超秘技は「後向女性仰臥男性座位=“きぬた”」であるが、孤独なキャバクラ嬢の奈美には通じず、敗北感と屈辱を抱えた菊之介は一流の竿師になるための険しい旅へ出る…。

「艶恋師」の解説

人気爆発の倉科遼原作、超ド級エンタメ劇画を初完全映画化。参る!その竿で、ハートも貫くイカす奴!女を救うは、我が宿命!!男の意地と矜持が燃える、本格官能ロマン!!!(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年7月8日
キャスト 監督小美野昌史
原作倉科遼
出演中倉健太郎 小松千春 荒井美恵子 小澤マリア 鶴田さやか 永澤俊矢
配給 TMC
制作国 日本(2007)
上映時間 82分

(C)2007みね武・倉科遼((株)実業之日本社)/株式会社ティーエムシー

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-07

私は以前、京都の撮影所で小松千春さんとご一緒させてもらったことがある。それだけにこの映画はとても興味があった。これは何よりも楽しめる官能ロマンだ。小松千春さんはとびっきりまじめで、美しい人だった。大好きだった。

最終更新日:2020-06-12 16:00:12

広告を非表示にするには