遠くの空に消えた 作品情報

とおくのそらにきえた

信じないかもしれないけど、僕の少年時代に本当にあった物語

緑が広がるのどかな村に、都会から一人の少年が転校してきた。おかしなギャングの集団がいたり、怪しげなバーがあったりと、一風変わった村だったが、住民たちは皆幸せに暮らしていた。その平和な村に空港建設の話が持ち上がり、反対する村人たちは建設会社と争っていた。実は、少年の父親は、空港建設のために、村に転勤してきたのだった。村の人々に溶け込み、冷徹な父親に反発していた少年は、悪ガキ仲間とある作戦を思いつく。

「遠くの空に消えた」の解説

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が7年かけて脚本を仕上げた、懇親の作品。でも、“セカチュウ”や『北の零年』とは、一味違う。大人になった主人公(柏原崇が友情出演!)の少年時代を回想していくのだが、映像はモノクロっぽくもノスタルジックでもない。ディズニーアニメに登場するようなヘンテコなバーがあったり、村人たちはポップでおしゃれだったり。子供の目線で頭に焼きついた少年時代を、そのまま映像化したような作品。「何かを信じられなくなった時にパワーをくれる映画を作りたかった」と監督が言っているように、子供の心を持ち続けようとしている大人に観て欲しい意欲作。神木隆之介はじめ、主演の少年たちが眩しい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年8月18日
キャスト 監督・脚本行定勲
出演神木隆之介 大後寿々花 ささの友間 小日向文世 伊藤歩 長塚圭史 チャン・チェン 石橋蓮司 大竹しのぶ 三浦友和
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2007)

(C)2007 遠空PARTNERS

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、3件の投稿があります。

P.N.「円」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2007-08-30

映像は綺麗だし役者も良い。惜しむべくは脚本。冒頭の安っぽいセリフで興ざめし、あまりにも低次元なネタとそのしつこさうんざりした。


レビューを投稿する

「遠くの空に消えた」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:45:00

広告を非表示にするには