次郎長三国志 甲州路殴り込み 作品情報

じろちょうさんごくしこうしゅうじなぐりこみ

マキノ雅弘が監督した“次郎長”シリーズ第四作目

清水港次郎長、お蝶夫婦のもとに、渡世人小政が次郎長一家の投げ節お仲の消息をもって駈けつけた。お仲は赤鬼金平の仇討ちに次郎長一家を狙う、甲府猿屋勘助の行動を探ぐりに行ったのだが、折から勘助の所へ草鞋を脱いでいた小政の眼力で人質として捕われたのだ。小政は次郎長と勘助のもめごとを知らず、一宿一飯の恩義を感じながらも、勘助の汚いやり方に怒り、次郎長に事の仔細を知らせたのだった……。

「次郎長三国志 甲州路殴り込み」の解説

村上元三の原作を、「次郎長三国志」のマキノ雅弘、山内鉄也が共同で脚色、マキノ雅弘が監督した“次郎長”シリーズ第四作目。撮影もコンビの山岸長樹。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
出演鶴田浩二 大木実 山城新伍 曽根晴美 田中春男
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「次郎長三国志 甲州路殴り込み」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:49

広告を非表示にするには