黄色い涙 作品情報

きいろいなみだ

“嵐”の5人が主演した青春群像劇

東京は阿佐ヶ谷で暮らす漫画家の村岡栄介、歌手の井上章一、画家の下川圭、小説家の向井竜三の4人は、ひょんなことから知り合い、栄介の母親を入院させるために一芝居を打つことになる。その後一度は離れ離れになった彼らだったが、やがて栄介のアパートで共同生活を送ることになる。そんな彼らを見守る近所の米屋の勤労青年・勝間田祐二と、章一に思いを寄せる食堂の娘・時江。そんな彼らのひと夏の物語。

「黄色い涙」の解説

「嵐」の5人が揃っての久しぶりの主演作は、1963年の東京を舞台とした青春群像劇。日本が高度経済成長に湧いていた頃、時代に逆行するかのように、芸術家としての夢を追いかけながらもその日暮らしの生活を送っていた若者たちの物語だ。オリジナルは1974年にNHKの「銀河テレビ小説」放送された同名ドラマで、それに強く惹きつけられた犬童一心監督が念願の映画化を果たした。「嵐」の5人の魅力を堪能できることは言わずもがなだが、青春という誰もが通る時期の普遍性を、その時代を生きた人のみならず、今の若者にも気づかせてくれる好篇に仕上がっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年4月14日
キャスト 監督犬童一心
出演二宮和也 相葉雅紀 大野智 櫻井翔 松本潤 香椎由宇
配給 ジェイ・ストーム
制作国 日本(2007)

(C)2007 J Storm Inc. イラスト関口シュン

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「AMNOS」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-03-17

めっちゃ面白い!!

最終更新日:2020-09-18 16:01:24

広告を非表示にするには