柳生武芸帳 双龍秘剣 作品情報

やぎゅうぶげいちょうそうりゅうひけん

鶴田浩二が、霞の忍者浮月斎の隠密を演じる『柳生武芸帳』第二作

三代将軍家光の頃。徳川の運命を左右する大事を秘めてあるという柳生武芸帳をめぐって、柳生一門と肥前の兵法者山田浮月斎の間には激しい争奪の死闘が繰返されていた。更にまた、永井家の隠し娘清姫を頭領とする虚無僧の一団も武芸帳を狙っていた。師浮月斎の命をうけて武芸帳探索を続ける千四郎は、清姫が柳生十兵衛の一味に襲われ、崖から落ちて気絶しているのを救ってから、彼女の美しさに心惹かれるようになっていた……。

「柳生武芸帳 双龍秘剣」の解説

週刊新潮連載の五味康祐原作を、『太夫さんより 女体は哀しく』の稲垣浩が『「元祿忠臣蔵・大石最後の一日」より 琴の爪』の若尾徳平と共に脚色し、自ら監督した時代劇。先の『柳生武芸帳』(1957)の続編である。キャストは前作出演者の鶴田浩二、三船敏郎、久我美子、岡田茉莉子などのほかに、松本幸四郎、『太夫さんより 女体は哀しく』の乙羽信子が新登場。撮影は『危険な英雄』の中井朝一。色彩はアグファカラー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督稲垣浩
出演鶴田浩二 三船敏郎 乙羽信子 久我美子 岡田茉莉子
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「柳生武芸帳 双龍秘剣」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:42

広告を非表示にするには