土佐の一本釣り 作品情報

とさのいっぽんづり

カツオ漁船に乗った若者と、その恋人を南国・土佐を舞台に描く

高知県土佐清水の近くにあるカツオ漁港の漁村久礼。カツオ船、第一福丸が大漁旗を掲げ入港している。下船する船員の中に純平の顔が見える。今年三月、中学を卒業するとすぐにカツオ船に乗り込んだ。最初は船酔いで苦しんだが、今はすっかり海の生活に慣れている。船をおりた男たちは、酒と女に明け暮れる。純平は二つ年上の恋人、八千代に「仲間と女を買ってくるから」と告げた。ツッパッているのだ。その夜、高知のバーで酒を呑む純平、勝、熊、政たち。女たちと部屋に消えていく仲間。純平はタオルで目隠しをして「八千代……」と呟きながら女に乗っていた。店を出た純平は八千代の家の前に行くと、屋根に小石を投げた。窓を開けた八千代は純平を見つけると、窓を閉めてしまった。

「土佐の一本釣り」の解説

中学を卒業すると、海に生きる漁師に憧れ、カツオ船に乗った若者と、二歳年上の恋人を中心に土佐の人々の生きる姿を描く。「ビッグコミック」に連載中の青柳裕介の人気漫画を映画化したもので、脚本は「神様のくれた赤ん坊」の前田陽一と松原信吾の共同執筆、監督も同作の前田陽一、撮影は「サッちゃんの四角い空」の長沼六男がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐伯幸三
出演田中好子 加藤純平 加藤武
制作国 日本(1980)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「土佐の一本釣り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-03-11 00:02:30

広告を非表示にするには