Be Cool 作品情報

びーくーる

『パルプ・フィクション』のふたりが夢の再共演。音楽業界を舞台にクールに決める!!

脚本家・小説家として知られるエルモア・レナードのシャープな犯罪小説を映画化し、ヒットを飛ばした『ゲット・ショーティ』の続編。今回も主人公は元高利貸しのチリ・パーマー。映画業界での成功を果たしたチリだが、業界に嫌気がさした彼は、かつての稼業に戻ろうと思い始めていた。そんなとき、インディーズ・レーベルを立ち上げている古くからの友人トミーから、映画業界を描いた企画があると話を持ちかけられる。なんでも、売り出したい歌手がいるのだとか。だが、肝心のトミーはロシアのマフィアに殺されてしまう。しかし彼の言っていた新人リンダのパフォーマンスを見たチリは、その才能に惚れ、彼女をスターにしてみせると決意。早速、リンダのマネージャーに名乗り出るのだが……。

「Be Cool」の解説

前作『ゲット・ショーティ』に続き、チリに扮するのはジョン・トラボルタ。ギャングもショウビズ界もお手の物のクールな男がはまっている。そして本作で話題なのは、なんといってもトラボルタとユマ・サーマンの再共演。言わずと知れた『パルプ・フィクション』カップルである。ふたりが再び見せるダンスシーンはなんだか得をした気分に。共演者も濃い面々ばかりで、最近上り調子のビンス・ボーンや元プロレスラーのザ・ロックらのイカレぶりが楽しい。また、エアロスミスのスティーブン・タイラーが本人役で出演していたりと、豪華なキャストが繰り広げるブラックな笑いをクールに味わいたいクライム・ムービーだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年9月3日
キャスト 監督・エグゼクティブ・プロデューサーF・ゲイリー・グレイ
出演ジョン・トラボルタ ユマ・サーマン ビンス・ボーン エルモア・レナード セドリック・ジ・エンターテイナー
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2005)

(c)2005 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「Be Cool」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:28

広告を非表示にするには