独立愚連隊 作品情報

どくりつぐれんたい

弟の死因を究明にやって来た元鬼軍曹の活躍を描いた日本版西部劇

第二次大戦も末期、北支戦線の山岳地帯で敵と対峙している日本軍に、独立愚連隊と呼ばれる小哨隊があった。正式には独立第九○小哨だが、各隊のクズばかり集めて作った警備隊なので、この名称があった。独立愚連隊に行くには、敵の出没する危険な丘陵地帯を行かねばならない。この死地へ、新聞記者の腕章を巻き、戦闘帽に支那服姿の男が馬を走らせていた。大久保という元軍曹だが、愚連隊小哨長をしていた弟の死因を究明するために、入院中の北京の病院を脱走して来たのだが…。

「独立愚連隊」の解説

「ある日わたしは」の岡本喜八が助監督時代に書いた脚本を自ら監督した。撮影は「青春を賭けろ」の逢沢譲。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督岡本喜八
出演佐藤允 上村幸之 中谷一郎 三船敏郎 中丸忠雄
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「独立愚連隊」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-06-28 00:01:03

広告を非表示にするには