クライシス・オブ・アメリカ 作品情報

くらいしすおぶあめりか

テロルは内部に潜む-。アメリカの不安を描く“もう一つの『羊たちの沈黙』”

湾岸戦争下のクウェートで偵察任務中の米軍大尉ベン・マルコの小隊が、敵の奇襲攻撃に遭う。部隊の危機を救ったのはレイモンド・ショー軍曹。終戦後、ショーは名誉勲章を授与され、政界へ進出。数年後には全米のニューリーダーとして、次期副大統領候補に指名されていた。一方、現在も軍務を続けるマルコのもとに、かつての部下メルヴィンが現れる。廃人同然のメルヴィンは、従軍中の記憶について毎晩おぞましい夢を見るという。実はマルコもメルヴィンと同じ悪夢に悩まされていた。その夢では、ショーが仲間の隊員を殺害しているのだった。

「クライシス・オブ・アメリカ」の解説

サスペンス映画の歴史を変えた『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督が、「新しい恐怖を描いた、もう一つの『羊たちの沈黙』」として製作したサスペンス・スリラー。62年の名作『影なき狙撃者』を現代仕様にアレンジ。戦争後遺症、対テロリズム、情報監視、大統領選のパワーゲームと、今のアメリカがはらむ社会不安が代わる代わる現れるストーリーは、フィクションでなければ困るぐらいショッキングな内容にも関わらず、社会的寓意に富み、実話のようなリアリティを備えている。

近頃冴えない印象だったデミ監督も、今作ではオスカー監督の名に恥じない重厚なサスペンス演出を披露。実力者ぞろいの出演陣もオーバーアクトすれすれの熱演を戦わせ、ドラマに説得力を与えている。「もう一つの『羊たちの沈黙』」の看板に偽りのない一級品のスリラー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年3月26日
キャスト 監督ジョナサン・デミ
原作リチャード・コンドン
出演デンゼル・ワシントン メリル・ストリープ リーヴ・シュレイバー ジョン・ヴォイト ブルーノ・ガンツ
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(2004)
TV放映 2020年2月9日 TOKYO MX キネマ麹町

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-12-02

当初ジョン-フランケン-ハイマー監督のモノクローム映画の名篇〈影なき狙撃兵〉のリメイクだとは気が付か無かった…。ジョナサン・デミのリアルな演出手腕が振るに発揮されていた!撮影や色感が又、佳かったー。デンゼル・ワシントンが良い味を出していたね?

最終更新日:2021-01-23 13:31:08

広告を非表示にするには