ZOO 作品情報

ずー

人気作家・乙一の世界を完全映画化!5つの予測不可能なストーリー、衝撃のラストがあなたを襲う…。

一卵性双生児の姉妹なのに、一方だけ母親に愛され、もう一方は虐待され続ける…(「カザリとヨーコ」)。ある日突然、コンクリートの小部屋に監禁された姉弟。ところが小部屋は、他にも6つ存在していた。(「SEVEN ROOMS」)。アンドロイドの少女は、自分を作った男から色々なことを学んでいく。彼女が最後に学んだものは…(「陽だまりの詩」)。お互いを『事故で死んだ』と思い込んでいる父と母は、一人息子の“僕”を通じてしか会話をすることができず…(「SO-far そ・ふぁー」)。すでに閉園した動物園に、毎日通う男。そこには、恐ろしい秘密が眠っていた(「ZOO」)。

「ZOO」の解説

映画、TVドラマ、CM、ゲーム、CGアニメーションなど、様々なフィールドで活躍するクリエイター5人が、人気作家・乙一(おついち)の短編集「ZOO」を映画化。各監督と多彩な出演陣の個性が光る実写4作品、アニメーション1作品(「陽だまりの詩」)から構成された、バラエティに富んだコンピレーションに仕上がっている。とはいえ、どの作品もテイストはきっちり“乙一ワールド”。

オムニバス形式でありながら、原作者の持つダークで深い世界観が全編に貫かれており、原作ファンの期待を裏切らない。次から次へと襲いくる、予測不可能なストーリーと衝撃のラストの連続は、まるで暗闇を走るジェットコースター。スリルに身をゆだねる快感が、堪能できる一本。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年3月19日
キャスト 監督金田龍 安達正軌 水崎淳平 小宮雅哲 安藤尋
原作乙一
出演小林涼子 市川由衣 鈴木かすみ 神木隆之介 村上淳
配給 東映ビデオ
制作国 日本(2005)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ZOO」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:20

広告を非表示にするには