男の紋章 喧嘩街道 作品情報

おとこのもんしょうけんかかいどう

“男の紋章”シリーズ第7作目

村田きよのかねてからの念願であった、村田組と大島組の合併が行われ、大島竜次の村田組三代目襲名披露が行われた。だが村田組は竜次の母きよが長年苦労して築きあげたものだ。竜次はこの栄誉に甘えることを嫌い、修業のために一人旅にでていった。この大島組の動きに、ライバル花岡興業はいろめきたった。竜次にさんざん煮え湯をのまされ、つもる恨みのある花岡組の桑田は、これを機会に竜次を亡きものにしようと人斬り稼業根津の三兄弟に竜次のあとをつけさせた。

「男の紋章 喧嘩街道」の解説

『投げたダイスが明日を呼ぶ』の甲斐久尊がシナリオを執筆『男の紋章 花と長脇差』の滝沢英輔が監督した“男の紋章”シリーズ第7作目。撮影もコンビの高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督滝沢英輔
出演高橋英樹 轟夕起子 和泉雅子 近藤宏 谷村昌彦 桂小金治 藤竜也
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「男の紋章 喧嘩街道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:09

広告を非表示にするには