太陽の王子 ホルスの大冒険 作品情報

たいようのおうじほるすのだいぼうけん

日本アニメ史上に残る名作

昔のこと、寒い北国にホルスという少年がいた。ある日、狩に出たホルスは、狼の大群に襲われたが、岩の巨人モーグに助けられた。ホルスは、そのお礼にモーグが以前から苦しんでいた肩のトゲを抜いてやった。ところがそのトゲは、太陽の剣と呼ばれる素晴らしい剣だったのだ。錆びたその剣をかついで帰ったその夜、ホルスのお父さんは、息をひきとってしまった。ひとりぼっちになったホルスは、仲良しの子熊のコロを連れ、村に出かけたのだがしかしその途中、ホルスは悪魔グルンワルドの使いの大鷲に襲われ、崖から突き落されてしまったのだ。

「太陽の王子 ホルスの大冒険」の解説

深沢一夫がシナリオを執筆し、高畑勲が長篇動画をはじめて手がけた。撮影は『わんわん忠臣蔵』の吉村次郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 演出高畑勲
声の出演大方斐紗子 平幹二朗 市原悦子 三島雅夫 永田靖 横森久 横内正 赤沢亜紗子 杉山徳子 堀絢子
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「太陽の王子 ホルスの大冒険」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-09 00:01:05

広告を非表示にするには