父と暮せば 作品情報

ちちとくらせば

おとったん、ありがと…。父と娘の語らいをつづる、ひたむきな反戦映画

終戦から3年後の広島。図書館に勤める美津江(宮沢りえ)は、たった一人の家族だった父親を原爆で喪い、生き残った自分に負い目を感じながら暮らしていた。ある日、原爆の資料を探しに図書館を訪れた青年(浅野忠信)と出会い、互いに惹かれ合うが、美津江は「うちは幸せになってはいけんのじゃ」と自分の心を塞ぎ、青年の誘いを断ろうとする。そんな娘を見かねたのか、その晩から美津江の前に父・竹造(原田芳雄)の幽霊が現れ始める。“恋の応援団長”を名乗る竹造は、あの手この手で娘の心を開かせようとするが…。

「父と暮せば」の解説

黒木和雄監督の“戦争レクイエム三部作”の完結編となる本作は、井上ひさしの同名戯曲を映画化した反戦ドラマ。戦後の広島を舞台に、原爆で死んだ父と遺された娘の交流を描く。これまでも『TOMORROW/明日』『美しい夏キリシマ』といった作品で、市井の人々と戦争の関わりを描いてきた黒木監督。本作でもそのアプローチは健在で、政治的な視点や大上段なメッセージをいっさい用いず、終始一貫、宮沢りえと原田芳雄が演じる親子の対話を見つめ続ける。

2人の夫婦漫才のような掛け合いが微笑ましく、広島弁の響きも耳に心地よい。それだけにこの対話が、今は亡き父とその死に責任を感じる娘の、免罪を巡る交信なのだという事実が、深い哀しみとなって撥ね返ってくる。「おとったん」と呼びかける娘の笑顔、それが何より雄弁に命の重みを教えてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年7月31日
キャスト 監督黒木和雄
原作井上ひさし
出演宮沢りえ 原田芳雄 浅野忠信
配給 パル企画
制作国 日本(2004)
上映時間 99分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-29

黒木和雄監督作品は10フィート運動でアメリカ政府アーカイブから買い戻して作ったドキュメント等で知った。其れは確か東京大空襲・焼かれた銀座の街並が撮し出されていた。本編は原爆投下の長崎を舞台に親子・父娘の絆を原田芳雄・宮沢りえの名演で見せてくれる。監督とは東京工芸大の日本映画レクチヤー で前に一度、お会いした事が有りました。


レビューを投稿する

「父と暮せば」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-24 13:15:45

広告を非表示にするには