逃亡列車 作品情報

とうぼうれっしゃ

石原裕次郎主演の戦争もの

満鮮国境の図們は日本軍の軍需物資集積地で、図們駅の警護には独立鉄道第30大隊があたっていた。終戦直前で戦局は日本軍に決定的に不利、関東軍の運命がソ連軍の出方にかかっていた時で、大隊は抗日ゲリラに悩まされていた。有坂少尉が大隊に転属してきた時は、ちょうどソ連軍が図們を攻めてきた時であった。図們は最前線になったのである。大隊長黒丸は有坂に札つきの工藤分隊を任せ、本隊は北朝鮮に撤退することに決めた。しかも、戦闘のどさくさにまぎれて脱走した岡の捜索と、奪われた武器の奪回も有坂に命じたのだ。

「逃亡列車」の解説

渡辺明の原作を、『栄光への挑戦』の池上金男と『野郎に国境はない』の宮川一郎が脚色し『帰らざる波止場』の江崎実生が監督した戦争もの。撮影はコンビの横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督江崎実生
原作渡辺明
音楽山本直純
出演石原裕次郎 伊藤雄之助 十朱幸代 伊藤るり子 玉川伊佐男 木島一郎 小松方正
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「逃亡列車」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:31

広告を非表示にするには