ロスト・イン・トランスレーション 作品情報

ろすといんとらんすれーしょん

ソフィア・コッポラ待望の第2作は、大都会・東京を彷徨う2つの心を描くドラマ

ロスト・イン・トランスレーションのイメージ画像1

ウイスキーのCMのため、日本を訪れたアメリカ人俳優のボブは、意思の疎通ができない仕事に疲れ、時差ボケと緊張で眠れない。一方、写真家の夫とともに日本を訪れたシャーロットも、仕事に出かける夫を見送り、ひとり不安な時間を過ごしていた。ホテルのバーで初めて会話を交わした2人は、自然と、一緒に街へ出かけるようになる。互いの孤独や悩みを感じ取り、次第に心を通じさせていく2人。やがて、ボブが帰国する日が近づき、別れの朝がやってくる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」の解説

デザイナー、フォトグラファー、映画監督として、類まれな才能を発揮しているハリウッドの寵児、ソフィア・コッポラが、『ヴァージン・スーサイズ』以来、待望の第2作を発表した。『ロスト・イン・トランスレーション』は、2人のアメリカ人が東京で出会い、お互いの心の不安を溶かしていく物語。異邦人であることの疎外感、偶然の出会いの不思議さが、繊細に大胆に描かれていく。日本人であっても、ソフィアの描く『東京』はまるで別の世界に見える。自分の国を別の視点で見ることができるだろうが、ひょっとしたら、笑えない気持ちになるかもしれない。

映像の透明感とムード、音楽のセンスは、さすがトップアーティストらしいこだわり。オスカー・ノミネートを果たしたビル・マーレイ、儚さの裏に強さを秘めたスカーレット・ヨハンソンも、存在感あふれる演技を見せてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年4月17日
キャスト 監督ソフィア・コッポラ
出演ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン ジョバンニ・リビシ アンナ・ファリス
配給 東北新社
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 102分

(C)LOST IN TRANSLATION INC. (C)2003, Focus Features all rights reserved

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、8件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-10-22

本ソフィア・コッポラ監督の母親エレノア・コッポラの監督した映画作品「ボンジュール、アン!」は本編の東京をフランスの地方都市に移し換えた様なロード・ムービーなのだった。廻り廻って織物の町ヴェズレを訪れてガイドの夫の友人とスッカリ打ち解けてダンスする頃には、ロマンスの感情が堰をきった様に溢れ出す。本編とは対照的なラストシーンだが、一寸お洒落でガーリーシュな処は母娘共通な処見たい何だね!??


レビューを投稿する

「ロスト・イン・トランスレーション」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-27 16:00:04

広告を非表示にするには