イノセンス 作品情報

いのせんす

「攻殻機動隊」から9年。究極の深化を遂げた“オシイマモル的”近未来

人間とロボットが共存し、電脳ネットワークが整備された近未来都市。ある夜、少女型のアンドロイドが暴走し、所有者を惨殺する事件が発生する。人間のために作られた機械がなぜ人間を襲ったのか。内務省公安九課に所属する刑事バトーは、相棒のトグサとともに捜査を開始する。自身が全身を義体化したサイボーグであるバトーは、捜査の過程で様々な人形=ロボットと出会い、その存在に托された意義について思いを巡らせる。捜査を妨害するハッカーに苦しみながらも、バトーとトグサは事件の核心に迫ってゆくが…。

「イノセンス」の解説

宮崎駿、大友克洋と並び、日本のアニメーションを世界に名立たる文化へと押し上げた鬼才・押井守。その代表作『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』から9年、待望の劇場版・最新作が届けられた。タイトルから「攻殻機動隊」の表記が消えたことでも分かる通り、本作は通常の続編という位置付けにはない。物語や舞台設定は前作の延長線上にあるものの、これまでのテーマを一段と掘り下げ、より深化を遂げた“オシイ”ワールドが誕生している。

アニメ表現における建築物の重要性を追求してきた押井監督。本作の耽美的なビジョンとそこに息づくノワールな人間観は、未だにアニメを子供の娯楽と決めつけている人々を啓蒙するに十分だろう。アニメーションという言葉は「モノに魂を吹き込む」ことを意味している。まさにその言葉通り、入魂の集大成である。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年3月6日
キャスト 監督・脚本押井守
原作士郎正宗
キャラクターデザイン沖浦啓之
プロダクションデザイン種田陽平
音楽川井憲次
制作プロダクションI.G
声の出演大塚明夫 田中敦子
配給 東宝
制作国 日本(2004)
上映時間 99分

(C)2004 士郎正宗/講談社・IG, ITNDDTD

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「イノセンス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-12 15:03:24

広告を非表示にするには