ゴシカ 作品情報

ごしか

美女には恐怖がよく似合う…。2大女優が悪夢に魅入られるゴシック・ホラー

ウッドワード女子刑務所の精神科病棟で働く医師ミランダ(ハル・ベリー)は、女囚クロエ(ペネロペ・クロス)の治療を担当している。自分は悪魔に陵辱され、その意志で父親を殺したというクロエの言葉は、ミランダの理解を超えていた。そんなある晩、帰宅途中のミランダの車の前に見知らぬ少女が立ち塞がる。間一髪で事故を避けたミランダは少女に駆け寄るが、次の瞬間には病室のベッドの上で目覚めていた。混乱するミランダに告げられた驚愕の事実――彼女は夫を殺害し、錯乱状態でこの病室に収監されたというのだ!

「ゴシカ」の解説

ジョエル・シルバーとロバート・ゼメキスが“21世紀の恐怖の殿堂”として設立した、ダーク・キャッスル・エンタテインメント社製作による最新ホラー。主演に『チョコレート』のオスカー女優ハル・ベリー、共演にペネロペ・クロスという人気、実力、美貌の三拍子そろった両女優を迎え、ミステリアスで禍禍しい物語が展開してゆく。

理知的な精神科医だった主人公が、知らぬ間に惨劇に巻き込まれ、ついには囚人として診察される側に回っていくというプロットの展開力と、それに合わせて錯乱してゆくベリーの力演が見物。一方のペネロペも、精神を病んだ女囚役でスピリチュアルな演技を見せ、新境地を開拓している。美女と恐怖のカップリングというだけで見応え十分だが、意外な結末や趣向を凝らした映像も出色。監督はフランスの名手マシュー・カソビッツ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月28日
キャスト 製作ジョエル・シルバー ロバート・ゼメキス スーザン・レビン
監督マシュー・カソビッツ
出演ハル・ベリー ロバート・ダウニーJr. ペネロペ・クルス チャールズ・S・ダットン
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2003)
年齢制限 PG-12
上映時間 97分

(C)2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-07-19

ゴシカを観た。この映画には女子刑務所というのが出てくるが、私はご縁があって、全国の女子刑務所に私の詩集を置いてもらっている。だからこの映画はとても関心があった。これはまさに面白すぎるサスペンスと言うべきだろう。素晴らしい作品だ。一見の価値があると思う。

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには