鉄道員(ぽっぽや) 作品情報

てつどういんぽっぽや

直木賞を受賞し、日本中を涙で包み込んだ浅田次郎原作の「鉄道員」が、日本映画界の大スター・高倉健主演で待望の映像化

北海道のさびれた小さな駅の駅長、乙松。一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、乙松は休むことなく実直に駅を守り続けた。ある日、乙松のもとに愛らしい少女が訪れる。それが、やさしい奇跡の始まりだった…。

「鉄道員(ぽっぽや)」の解説

直木賞受賞作で、日本中が感動の涙を流した大ベストセラー小説「鉄道員」が、遂に映画化する。主演は、企画段階から「乙松を演じるのはこの人しかない」と言われた日本映画界最大のスター・高倉健。5年ぶりにスクリーンに登場する喜びを感慨深く述べた会見は記憶に新しい。乙松の妻・静枝には、出演作が続く実力派・大竹しのぶ。また、乙松のもとを訪れる幻の少女役には、今や押しも押されもせぬトップアイドル・広末涼子。他にも、小林稔侍、安藤政信、志村けんなど、実力、人気共に最高のキャストで贈る感動巨編。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督降旗康男
原作浅田次郎
出演高倉健 大竹しのぶ 広末涼子 小林稔侍
制作国 日本(1999)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-05-17

鉄道員を観た。素晴らしい映画だと思った。会えるはずのない愛娘・雪子が現れ、乙松と共に過ごす夢のひととき、それは優しい奇蹟なのだ。

最終更新日:2020-05-27 15:37:44

広告を非表示にするには