ジョゼと虎と魚たち 作品情報

じょぜとらとさかなたち

いつか好きな男の人ができたら、この世で一番怖いものを一緒に見に行く

ある日、大学生の恒夫(妻夫木聡)は、坂道を暴走する乳母車に遭遇する。乗っていたのは、包丁を握りしめ、恐怖と怒りに満ちた目を見開いた少女(池脇千鶴)だった。歩けない孫娘を「こわれもの」として世間から隠そうとする老婆(新屋英子)が散歩に乳母車を使っていたのだ。脚の不自由な孫娘は、自分を“ジョゼ”と名のり、手際よく料理した食事を恒夫に振る舞う。その美味しさに感嘆する恒夫だったが、当の本人は「当たり前や!」と、にべも無い。恒夫はそんな負けん気の強いジョゼにひかれるのだった。

「ジョゼと虎と魚たち」の解説

恒夫とジョゼの真っ当な恋愛模様には情感がある。最近の日本映画には珍しく、恋するパッションが伝わってくる。何しろ妻夫木聡がドキリとするほどイイ。ずるくてハンサムで心優しい恒夫。正直は時として罪だ。容赦なく相手を傷つけたりもする。一方、ジョゼは精一杯強がることで孤独に耐えようとする。外の世界を知らずに生きてきた彼女には、達観したところがあって、ずっと一緒にいようという言葉の儚さを知っている。それでも、ちゃんと恋愛することを経験し、ありのままを受け入れて潔く生きてゆく。演じる池脇千鶴がいつもながら巧い。

田辺聖子の同名短編小説を主演の2人に当てて仕上げた秀逸な脚本。それが見事に映像化され、心がせつなくなる、本物の恋愛映画が誕生した。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年12月13日
キャスト 監督犬童一心
出演妻夫木聡 池脇千鶴 上野樹里 新井浩文 新屋英子 江口徳子 SABU 荒川良々 大倉孝二 陰山泰 板尾創路
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 日本(2003)
年齢制限 PG-12
上映時間 116分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ちぃちゃん27歳」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-01-23

かわいい

最終更新日:2019-05-22 10:55:53

広告を非表示にするには