逆縁三つ盃 作品情報

ぎゃくえんみっつさかづき

義理と人情の掟にしばられる男を描く

昭和初期の浅草。今まで共存してきた博徒潮一家とテキヤ得津組の間に抗争が持ち上った。ことの起こりは、潮一家の代貸菊川政義が、得津組の稼業をいわきまえず行った盆ゴザ勝負をいさめたことから、その帰り道を得津組に襲われ、しかたなしに幹部鬼頭の繁を斬ったからだ。一方、沢田組幹部峰栄吉も賭博のいざこざから、政義と同様、刑務所入りしたが、てしがらすの貞という刺客に襲われたところを政義に救われ、兄弟の盃を交した。

「逆縁三つ盃」の解説

博徒一家とテキヤ一家の争いの中で、兄弟と誓った義理と人情の掟にしばられる男を描く。脚本は新藤貢。監督は脚本も執筆している『ネオン警察 女は夜の匂い』の野村孝。撮影も同作の峰重義がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本野村孝
出演高橋英樹 成田三樹夫 藤竜也 露口茂 和泉雅子 赤座美代子 加藤嘉 河野弘 三田村元
制作国 日本(1971)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「逆縁三つ盃」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:24

広告を非表示にするには