侠骨一代 作品情報

きょうこついちだい

マキノ雅弘監督、高倉健主演による、任侠もの

昭和の初期、兵期を満了した伊吹竜馬は、天涯狐独の身を“この乱世を男らしく生きよ”という呑海和尚の言葉通り、持ち前の怪力を使って芝浦の飯場に入って暮らすことになった。芝浦一帯は宍戸組が牛耳っており、昼は人足のピンハネ、夜はイカサマ博奕で金を絞りあげるというやり方だった。竜馬はこれに真っ向うから対決した。宍戸組から刺客が放たれたがその危機を救ったのは芸者のお藤であった。宍戸組との一件を知って、竜馬の根性を買った坂本組の親方喜之助は、竜馬を坂本組に引き抜いた。喜之助は田町で運送業をやっているカタギの好人物だった。竜馬は喜之助の人物にすっかり惚れこんでしまった。

「侠骨一代」の解説

富沢有為男の原作(集団形星刊)を、『兄弟仁義 関東命知らず』の村尾昭、『北海遊侠伝』の松本功、山本英明の3人が共同で脚色し、『昭和残侠伝 血染の唐獅子』のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影はコンビの星島一郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
原作富沢有為男
出演高倉健 大木実 石山健二郎 志村喬 宮園純子 藤純子 山本麟一 今井健二 相馬剛三
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「侠骨一代」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:14

広告を非表示にするには