日本一の断絶男 作品情報

にほんいちのだんぜつおとこ

植木等主演の「日本一」シリーズ第7弾

丸山は、一流会社への就職を狙って、大阪港の廃船を根城に日雇人夫をしていた。そこへ、幼友だちのミミ子が転がり込んで、丸山は大弱り。そんな時、心臓男の日本一郎が、現われ、就職を世話してくれたが、それが何と万博の工事人夫で、日当も、一郎に巻き上げられた。姿をくらました一郎を追い、丸山は、東京へ。ミミ子も彼を追った。一郎に再会した丸山は、八百広告社へ強引に連れ込まれた。一方、一郎は、アポロ食品のCMを、女優になったミミ子を使って作り、大当りをとり、宣伝部長に昇進した。

「日本一の断絶男」の解説

『奇々怪々俺は誰だ?!』の田波靖男と『ドリフターズですよ! 全員突撃』の佐々木守が脚本を共同執筆し、『ブラック・コメディ ああ!馬鹿』の須川栄三が監督したシリーズ第7作。撮影は、『ハーイ! ロンドン』の原一民が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督須川栄三
音楽宮川泰
出演植木等 緑魔子 なべ・おさみ 高橋厚子 藤岡琢也 千秋実 人見きよし 飯田蝶子 松本めぐみ 鳴海晶明
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「日本一の断絶男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:13

広告を非表示にするには