黄金の法 ~エル・カンターレの歴史観~ 作品情報

おうごんのほうえるかんたーれのれきしかん

世界の宗教と歴史をめぐる時間の旅を、ダイナミックに描く冒険ファンタジー

25世紀の近代都市、ニューアトランティス。15歳のサトルは、エリート校の中等部に通っている。ある夜、サトルが資料室で借りた本、「黄金の法」を読んでいると、庭に突然、タイムマシンが現れた。マシンから出てきたのは、30世紀の未来からやってきた少女、アリサ。アリサに頼んで、タイムマシンに乗せてもらうことになったサトルは、21世紀の日本を目指す。しかし、時間旅行の衝撃で故障したマシンは、2人を紀元前のギリシャ、エジプト、インドへと送り込んでいく。

「黄金の法 ~エル・カンターレの歴史観~」の解説

世界には、数々の神話と伝説、ミステリーが存在し、その解釈が人々の歴史観、宗教観を作り上げてきた。アニメーション『黄金の法』は、サトルとアリサの時間旅行を通じ、数千年の歴史を紐解いていく壮大なファンタジー。ギリシャ神話のヘルメスの戦い、モーゼの十戒、基督の復活や釈迦の奇跡など、伝説の現場を目撃しながら、人類に普遍の愛や誠実さ、勇気について語られていく。

エジプトはいかに行われたのか? なぜ、スフィンクスの鼻は欠けているのか? 釈迦を陥れる陰謀とは? 謎に満ちた出来事は、ユニークな視点を織り交ぜながら描かれ、大いに想像力を刺激する。近未来、もしもタイムマシンが現実のものになったら、伝説は歴史的事実に変わるかも知れない…そんなロマンに溢れたアニメーション。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年10月11日
キャスト 製作総指揮・原作・原案大川隆法
監督天乃光望
アニメーション・ディレクター石山貴明
ビジュアル・ディレクター今掛勇
声の出演子安武人 伊藤美紀 雪野五月 青山桐子
配給 東映
制作国 日本(2003)
上映時間 110分

(C)IRH Press 2003

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「黄金の法 ~エル・カンターレの歴史観~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-03 13:53:00

広告を非表示にするには