ブラック・ダイヤモンド 作品情報

ぶらっくだいやもんど

謎の宝石ブラック・ダイヤモンドの正体は? ロスを舞台に炸裂する、ジェット・リー、DMX主演のアクション・ムービー

ブラック・ダイヤモンドのイメージ画像1

ロスの宝石商の金庫が破られた。フェイト(DMX)をリーダーとする泥棒グループが宝石を持ち出そうとしている最中に、警告の電話が入る。「ブラック・ダイヤモンドだけは置いて行け」。声の主は台湾の秘密警察スー(ジェット・リー)で、盗まれたこの石を探していたのだった。しかしダイヤを探していたのはスーだけではなかった。犯罪組織のボス、リンはフェイトの娘をさらい、交換としてダイヤを渡すように求める。共通の敵から大切なものを取り戻すために、スーとフェイトは協力。いま、戦いが始まった。

「ブラック・ダイヤモンド」の解説

『ロミオ・マスト・ダイ』、『DENGEKI/電撃』に続く、ジョエル・シルバー製作ヒップ・ホップ・カンフー3部作の最終章。同じシルバー製作の『リーサル・ウェポン4』でアメリカ・デビューを果たしたリーにとっては、『ロミオ~』に続く作品。ヒップホップ界の黒いカリスマと言われるDMXは、3作通じての登場。

『ロミオ~』はワイヤーやスローモーション過剰のアクションで、ジェット・リーの魅力を無くしてしまったという点を深く反省したらしく、アクションをなるべくVFXなどで加工することなく見せている。今回リーの宿敵となるのは、ハワイ出身のマーク・ダカスコス。その魅力的な風貌で、リーの相手役として不足はない。あとこの映画は必ずエンドクレジットまで見ること。楽屋オチ話が、ストーリーと関係なく延々と続くのだが、それが非常に面白い。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年3月29日
キャスト 製作ジョエル・シルバー
監督アンジェイ・バートコウィアク
出演ジェット・リー DMX アンソニー・アンダーソン トム・アーノルド ケリー・ヒュー
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 101分

(c)2002 Warner Bros. All Rights Reserved [DVD情報/Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-13

アンジェイ・バートコイアクが撮影したホームドラマの映画〈愛と追憶の日々〉(ジェイムズ・L・ブルックス監督,シャーリー・マクレーン,ジャック・ニコルソン,デボラ・ウインガー等の共演作品)も佳かったんだ

最終更新日:2020-02-19 11:33:02

広告を非表示にするには