フィラメント 作品情報

ふぃらめんと

社会からはみ出したままの26歳。映画監督・辻仁成が情感豊かに描く、家族の肖像。

今日太(大沢たかお)は26歳。すぐにキレてしまうため仕事も長く続かず、仲間の卓爾(村上淳)とフラフラ暮らす毎日。父親は女装趣味、母親は蒸発という環境に、心底飽き飽きしている今日太の唯一の拠り所は、夢遊病の妹・明日美(井川遥)。しかし明日美はヤクザの前夫にしつこく付きまとわれている。そして、相変わらずオヤジ狩りを続ける卓爾にも、今日太は少なからず異質なものを感じていた。そんなある日、10年も音信不通だった母親・加子が突然戻ってくる…。

「フィラメント」の解説

フィラメント=すぐ切れる電球、のように、感情をコントロールできず社会とうまく折り合えない26歳なんて、普通に考えればかなりイタイ存在だ。それに加えて、若い男と駆け落ちした母親、現実から逃げて夢の中を散歩する妹など、今日太の家族は誰もが弱さを持っていて、何かに逃げ続けている。その中で、女装癖を持つ父親だけが、淡々と、自分と家族に対する強い信念を持っている。

成長できない自分の生活に不安と疑問を感じながらも、周りのヤツラはすべてくだらない、とうそぶく今日太が、本当に大切なものを守るとは一体どういうことなのか、父親の強さと潔さによって思い知らされて見せる、ラストのジャンプが印象的だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年3月23日
キャスト 原案・監督・脚本・音楽辻仁成
出演大沢たかお 井川遥 村上淳 森村泰昌 不二子 銀粉蝶 重松豊
配給 アートポート/アースライズ
制作国 日本(2001)
上映時間 108分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「フィラメント」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:29

広告を非表示にするには