波 作品情報

なみ

穏やかな海岸の町で繰り広げられる、4人の男女のひと夏の出来事。甘く、ちょっとだけ痛い青春ストーリー。

西伊豆の静かな町。ホテルで働いているケンサクの元に、毎年親戚を訪ねてこの町に来るミカがやって来る。2人は去年付き合っていたが、今はそれぞれの生活を送っている。そこに、失恋の痛手を癒しにユカがやって来る。3人は、微妙な関係のバランスを保ちながら、穏やかに暮らすようになる。そこへ、ケンサクの友人のタツが加わったことで、そのバランスが崩れ始める。そしてタツは、現金輸送車の襲撃という思わぬ行動に出るのだった…!

「波」の解説

劇場デビュー作『タイムレス メロディ』で、プサン映画祭グランプリを受賞した奥原浩志の監督第二作。またもや前作に続いて、静けさの中に漂う心の機微を繊細に描き出し、独特な空気感を持つ作品に仕上がっている。出演している俳優たちも、プロの俳優だけでなく、監督との個人的つながりのあるクリエイターたちが参加し、とつとつとした雰囲気を作り出している。

主演の乾朔太郎は、鈴木清順監督の助監督を経て、『プープーの物語』で監督デビューを果たしているし、タツ役の大森立嗣は、あの大駱駝館の麿赤児の長男で、映画製作にも携わっている。また、本作は、演劇を上演してきたシアタートップスでの限定公開。ホロ苦い夏の思い出にふさわしい青春ムービー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年5月18日
キャスト 監督・脚本・編集奥原浩志
音楽サンガツ
出演乾朔太郎 小林麻子 紺野千春 大森立嗣
配給 IndEx Office=リトルモア
制作国 日本(2001)
上映時間 111分

(c)2001 フィルムメイカーズ、IMAGICA、ドラゴンキング、リトルモア

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「波」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:37:57

広告を非表示にするには