レクイエム・フォー・ドリーム 作品情報

れくいえむふぉーどりーむ

愛に飢えてドラッグにはまっていく人々が絶望の中で見たものとは?

空虚な心を抱える恋人同士ハリー(ジャレッド・レト)とマリオン(ジェニファー・コネリー)は、2人の夢の実現のためにドラッグ売買に手を出す。だが誘惑に負け、自らもドラッグの深みにはまっていく。一方、孤独感を募らせるハリーの母サラ(エレン・バースティン)は、突然舞い込んだTV出演ためにダイエットを決意、病院で処方された薬の中毒者になっていく。

「レクイエム・フォー・ドリーム」の解説

異色スリラー『π<パイ>』でサンダンス映画祭監督賞を受賞したダーレン・アロノフスキー監督が、『ブルックリン最終出口』で知られるアメリカの作家ヒューバート・セルビーJr.の小説を映画化。ささやかな愛と幸せを求めてドラッグの罠に落ちて行く人々の孤独感と空しさをえぐり出す。凝った映像で幻覚症状に陥った際の混乱した世界を映し出し、観る者をその底なし沼のような恐怖に引きずり込む。ジャレッド・レトとジェニファー・コネリーの美しい恋人たちが堕ちていく姿も痛々しいが、ダイエットに取りつかれる母を演じるエレン・バースティンが圧倒的。麻薬中毒で半狂乱になる哀れな中年女性の悲劇をすさまじい姿で熱演した彼女は、今年度のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年7月7日
キャスト 監督・脚本ダーレン・アロノフスキー
出演エレン・バースティン ジャレッド・レト ジェニファー・コネリー マーロン・ウェイアンズ
配給 ザナドゥー
制作国 アメリカ(2000)
上映時間 102分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「レクイエム・フォー・ドリーム」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-19 17:51:02

広告を非表示にするには