みんなのいえ 作品情報

みんなのいえ

三谷幸喜監督のトラブル“ホーム”コメディ。新居建築をめぐって想像を絶するドラマが展開

オシャレなマイホームを夢見る若い夫婦、直助と民子は、新進気鋭のインテリア・デザイナー、柳沢に設計を依頼する。一方、施工は、民子の父で大工の棟梁・長一郎に依頼する。それぞれに素晴らしい資質を持つ2人。だが、デザインに精通しているものの現場経験のない柳沢と、現場経験は人一倍だが最先端の建設技術には興味のない長一郎とでは意見が合うはずもない。夫婦に襲いかかるトラブルの数。はたして、理想の新居は完成するのだろうか?

「みんなのいえ」の解説

前作『ラジオの時間』が高い評価を受けた三谷幸喜監督の第2作。実際に新居を建築する際に三谷監督自身が体験した騒動を、大きく飛躍させて脚本を完成させたという。一戸建ての“家”の建設作業が、映画の撮影と同時に進められた。人々が対立しながらひとつのものを作り上げるという図式は『ラジオの時間』とも共通する。それに関わった全ての者たちの一体感と達成感が映画の感動に繋がっていくのだ。

監督が目指したのは“日本映画のようなアメリカ映画”。対立するデザイナー(唐沢寿明)と大工(田中邦衛)が心を通わせていく過程がドラマチック。明石家さんまをはじめゲスト出演者も多彩。出番は少ないがバーテンダー役の真田広之がイイ味を出している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年6月9日
キャスト 監督三谷幸喜
出演唐沢寿明 田中邦衛 田中直樹 八木亜希子
配給 東宝
制作国 日本(2001)
上映時間 115分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ゆの」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-10-17

タイプの違う2人が ぶつかり合いながら家を完成させていく過程が丁寧に描かれていて面白かったです。

唐沢寿明さんなど役者さん方の演技も素晴らしかったと思います。

最終更新日:2020-11-30 13:26:11

広告を非表示にするには