ハンニバル 作品情報

はんにばる

全世界を震撼させたあのレクター博士がスクリーンに戻ってきた!衝撃のラストにあなたは耐えられるか?!

猟奇殺人鬼バッファロー・ビル事件のヒントを新米捜査官クラリスに解き、事件を解決に導いたハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)。護送中に逃亡を測った彼が、10年たった今、フィレンツェに潜伏していることが確認された。逃亡生活を続けながらクラリス(ジュリアン・ムーア)の動向に注目していたレクターだが、かつて自分によって顔を失ってしまった大富豪が、クラリスをエサに自分の命を狙っていることを知る。そんな事を知らないクラリスは、レクターを逮捕するため、彼のもとへ向かうのだが、そこで彼女を待ちうけていたものは…。

「ハンニバル」の解説

アカデミー賞を受賞した前作『羊たちの沈黙』から10年、あのレクター博士が今度は街へ飛び出して大暴れする!以前は檻の中からクラリスを挑発し、時として愛情まで感じられたレクターのクラリスに対する想いが、今作では、感情をストレートにぶつけ合い、お互いに必要とし合っている。ある時はクラリスのボディーガードのように彼女を遠くからを見つめている。残念ながらクラリスはジュリアン・ムーアに変わってしまったが、彼女が演じたことで、まったく新しいタイプのセクシーで、少し気の強いクラリスが生まれた。そしてレクターとクラリスの微妙な関係がクローズアップされている。また、舞台がイタリアはフィレンツェというのもまた、ゴシックな建物とマッチして、ストーリーにオドロオドロしさを出している。さらに謎の大富豪を有名俳優がカメオ出演しているところも見所。そして、今回の映画の目玉でもあるラストの残虐なシーンは身の毛もよだつほど薄気味悪く、後味が悪い。原作とは違った映画ならではの恐怖を堪能できる一本。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年4月7日
キャスト 監督リドリー・スコット
出演アンソニー・ホプキンス ジュリアン・ムーア レイ・リオッタ ジャンカルロ・ジャンニーニ
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 アメリカ(2000)
上映時間 131分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-10

本編はロードショー館で観た映画でアンソニー・ホプキンスのレクター博士の怪演が特に際立った作品だった。其れは第一作目のジョナサン・デミ監督の衝撃作「羊たちの沈黙」で逃れた彼の行く方でも在った。女刑事はフレッシュなジョデイ・フォスターから今回ジュリアン・ムーアに変わり監督はリドリー・スコット


レビューを投稿する

「ハンニバル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-15 16:00:05

広告を非表示にするには