PLANET OF THE APES/猿の惑星 作品情報

さるのわくせいぷらねっとおぶざえいぷす

あの『猿の惑星』が、ティム・バートン監督によって全く新しい映画として生まれ変わる!!

PLANET OF THE APES/猿の惑星のイメージ画像1

2029年の近未来。宇宙へと開発の手を伸ばす人類は、その相棒としてチンパンジーを選んだ。宇宙ステーション・オベロン号にも訓練されたチンパンジーのパイロットが乗り込み、惑星間の偵察に目を光らせていた。ある日、宇宙空間に異常が認められオペロン号は調査に向かうが交信不通となってしまう。その事態を聞いた宇宙飛行士レオは単独で宇宙へ飛び出すが、彼もまた消息を絶った。そんな彼がたどり着いたのは、人間の言葉を話す猿がいる謎の惑星だった。

「PLANET OF THE APES/猿の惑星」の解説

1968年、フランクリン・J・シャフナー監督・チャールトン・ヘストン主演で作られた『猿の惑星』は世界中で大ヒットし、映画史に残る傑作SFとなった。そして21世紀を迎えたいま、その『猿の惑星』が全く新しい映画として甦ったのだ。

監督には、『バットマン』『シザーハンズ』など、を手掛けた奇才・ティム・バートン。今回は、ジェームズ・キャメロン、オリバー・ストーンなど、そうそうたる監督候補者の中から選ばれたのだ。監督は「続編ともB級映画ともちがう、新たにイメージした作品」と断言している。特殊メイクを担当したのは、6度もオスカーに輝いてるリック・ベイカー。なんと、500!もの顔の異なる猿を作り上げたのだ!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年7月28日
キャスト 監督ティム・バートン
出演マーク・ウォルバーグ ティム・ロス ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・クラーク・ダンカン
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 116分
TV放映 2019年9月15日 TOKYO MX キネマ麹町
2019年8月15日 テレビ大阪 シネマクラブ

(c)2001 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHT RESERVED. [Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-16

テイム・バートンが国際映画祭審査員長で泰国の精鋭な映画監督のアピチャポーン・ウイーラセクタンの名篇〈ブンミおじさんの森〉をチョイスしたのも本篇で猿の描写に苦心したから何だろう。〈ブンミ…〉は生前或いは死後に動物の精霊に為って現世に出現するsceneが秀逸だった

最終更新日:2019-12-15 13:23:02

広告を非表示にするには