ムロツヨシ、三吉彩花が映画監督初挑戦!『MIRRORLIAR FILMS』監督12名追加発表!コメント到着

ムロツヨシ、三吉彩花が映画監督初挑戦!『MIRRORLIAR FILMS』監督12名追加発表!コメント到着

2017 年に山田孝之、阿部進之介、伊藤主税(and pictures)らが発足した、俳優に学びとチャンスを提供するサービス「MIRRORLIAR」は、映画製作のきっかけや魅力を届けるべく、年齢・職業やジャンルを超えて映画を作り上げる、短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』を始動。

シーズンごとに、一般公募作品の最優秀賞には 50 万円、優秀賞には 30 万円、佳作には 10 万円、1 年後には映画祭を開催し、グランプリ作品に 500 万円の賞金を贈呈。これまで、【阿部進之介・安藤政信・井樫彩・紀里谷和明・志尊淳・柴咲コウ・野﨑浩貴・福永壮志・藤井道人・水川あさみ・山下敦弘・山田孝之】の監督 12 名を発表しておりましたが、この度、追加監督 12 名を発表。
すでに発表されている中では阿部進之介、安藤政信、志尊淳、柴咲コウ、水川あさみが初監督となりますが、今回発表されたメンバーの中では花田陵、三吉彩花、ムロツヨシが映画監督初挑戦となります。

女優・モデルをはじめとして、初監督映画『夏、至るころ』(20)や米津玄師の楽曲参加など多方面で活躍する池田エライザ。
<コメント>
「ただ、新しいことがしたい。ということではなく、変えていかなければならない。我々が動くべきだ。と強い信念に心を動かされました。己の願望は既にあるのに、どこか他力本願になりがちな日々の中で、重い腰を軽くしてくれる方々に出会えたことに感謝しています。今回も素敵なチームでお届けします。がんばるぞ~!」

初長編監督『少女邂逅』(17)が国内外で評価を受け、9 週間のロングランとなった枝優花。
<コメント>
「映画、エンタメ、劇場を愛す一端の身として、監督として出来る最大限を作りたいです。劇場にいらっしゃる方々と、心震えるものにスクリーンのその先で出逢えたら最高です。よろしくお願いします!」

俳優として『シン・ウルトラマン』(21)、監督として竹中直人・山田孝之と共同監督の『ゾッキ』(21)公開を控える齊藤工。
<コメント>
「現在、映画の様式、在り方が試されている様に思います。約九十年前、サイレントからトーキーに変化して行った時の様に、徐々に、かつ着実に、時代に順応して来た映画文化の、”それでも変わらない何か”を大切にしながら、この不憫な時代に、この素敵な機会に、必然的な娯楽作品を生み出せる様努めます。」

『アンダードッグ』(20)が第 75 回毎日映画コンクールにて日本映画優秀賞はじめ最多4冠受賞、Netflix「全裸監督 シーズン 2」(21)が控える武正晴。
<コメント>
「「全裸監督 2」撮影中、山田孝之さんから「短編撮りませんか」と声をかけられた。村西とおるの声色ではなかった。有難いお誘いに二つ返事で、面白そうな企みには乗っかった方が良い。僕のデビュー作品も短編だった。足立紳さんに書いてもらった。小学生達の夏休み最後の 1 日を描いたものだ。実に素晴らしく楽しい撮影の日々を憶えている。原点回帰、足立さんの 10 年以上前に書かれた傑作シナリオを用意した。仲間達と素晴らしく、楽しい撮影に再び挑んでいきたい。」

13 年より初連載「デビルズライン」が累計発行部数 240 万部突破、『ブラックガルド』(19~)連載中の漫画家・花田陵。
<コメント>
「このような機会を頂けてとても光栄です。全力で楽しみたいと思います!」

劇団ゴジゲン主宰、全作品の作・演出を担い、現在放送中の『バイプレイヤーズ』シリーズや映画『くれなずめ』(21)の公開を控える松居大悟。
<コメント>
「聞いても聞いても実態の掴めない、幸せな挑戦の機会をありがとうございます。36 の得体の知れない生き物のひとつになれるのが嬉しいです。僕は劇団をやっているので、泥にまみれた舞台役者と作ってみたいと思います!呼吸!」

幼な子われらに生まれ』(17)で第 41回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞など多数受賞、『DIVOC-12』(21)の公開を控える三島有紀子。
<コメント>
「37°C?体温に敏感になる空気の中で、猛烈に他者の体温を感じたい。そんなことを思いながら撮りたいと思う。」

女優・モデルとして活躍し、Netflix「今際の国のアリス」(20)でも存在感が光る三吉彩花。
<コメント>
「また、とんでもないことに挑戦してしまっています。震えます。いつも私が触れて感じている世界とは180 度反対の世界に触れられることは、なんとも有難い気持ちです。決して 1 人では完成しないクリエイティブ。待ち切れないです。楽しみたいです。そして皆様にも、届けたいです。」

俳優として活躍し、昨今は自身で脚本・演出・出演を手がける「muro 式」など幅を広げるムロツヨシ。
<コメント>
「山田孝之と二人、居酒屋にて。
山田「映画撮りませんか?」
ムロ「無理だろう」
山「、、、観たいなあ、ムロさんの映画」
ム「、、、そう?」
と絆されて、やることになりました。責任の所在は全て山田孝之氏にあります。やってみますね、たかゆき。」

2010 年より劇団「□字ック」主宰、脚本家として「全裸監督」(19)、映画監督として『タイトル、拒絶』(20)でデビューした山田佳奈。
<コメント>
「新しいクリエイティブは慣れるまで苦労するけれど、回数を重ねれば重ねるほど面白くなってくる。そのひとつがわたしにとっては映画であり、このような最高の機会を与えてくれたのも映画です。多くの先輩監督や俳優陣とご一緒できることとても光栄に思います。挑戦と発見を。また新しい視野を得ることのできる現場になりそうで、楽しみでしかありません。」

TV バラエティの演出でキャリアを積み、『デトロイト・メタル・シティ』(08)が大ヒットを記録した李闘士。
<コメント>
「短編だからこそ描ける映画って、何だろう?低予算だからこそ思い切れる映画って、何だろう?ということを一所懸命に考えて、楽しんでもらえる映画を作ろうっと!!!!」

ロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカルと並行し俳優として活躍、監督としても初作品『モーターズ』(14)が PFF アワード・審査員特別賞を受賞している渡辺大知。
<コメント>
「僕は元々バンドをやっていて音楽のはたけにいたのですが、映画が好きで、映画の魅力について深く知りたくなって、映像の大学に通い、普段役者としても映画の現場に参加させてもらうようになりました。今回のありがたい縁を大切にして、より映画のことを知るきっかけに出来たら嬉しいです。」

©2021 MIRRORLIAR FILMS PROJECT

最終更新日
2021-02-15 12:00:00
提供
映画の時間編集部

広告を非表示にするには