今年最恐のダークホース・ドール・ホラー『生き人形マリア』予告編解禁

今年最恐のダークホース・ドール・ホラー『生き人形マリア』予告編解禁1
今年最恐のダークホース・ドール・ホラー『生き人形マリア』予告編解禁2

リブート版『チャイルド・プレイ』、『アナベル 死霊博物館』、『パペット・マスター』など、ドール・ホラー映画が豊富な2019年。その中でも異色を放つフィリピン発の注目作『生き人形マリア』は、日本版メインビジュアルが公開されるやいなや、twitterなどで異様な盛り上がりを見せています。
この度、『生き人形マリア』の劇場版予告編が公開となりました。

監督は2016年に49歳の若さで急死したウェン・V・デラマス。フィリピン映画の歴代国内興行収入ランキング・ベストテンのうち、1位を含む5本が監督の作品(※15年調べ)という、破格のヒットメーカーが唯一遺したホラー作品が本作。『至福』で第12回大阪アジアン映画祭で薬師真珠賞(最優秀俳優賞)を受賞したイザ・カルザドや、国際的に高い評価を受けた『ローサは密告された』に参加したフィリピンの大女優マリア・イサベル・ロペスも出演しております。

バス事故によって幼い娘たちを失った親たちのもとに届けられた、愛する娘に似せた等身大の人形は、激しい情念を宿しており…。解禁された予告では、3体の“生き人形”たちが包丁を片手に人間に襲いかかるシーンを見ることができます。

『生き人形マリア』は、7月27日(土)から「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション®2019(カリコレ2019)」にて限定劇場公開、8月7日(水)~20日(日)は青山シアターでオンライン配信を行います。

(c)2014 <Star Cinema> All rights reserved.

今年最恐のダークホース・ドール・ホラー『生き人形マリア』予告編解禁3
最終更新日
2019-07-24 14:30:00
提供
映画の時間編集部

広告を非表示にするには