写真に映り込んだ不気味な“黒い影”が移動…「次に死ぬ番」が変化する『ポラロイド』本編映像解禁

写真に映り込んだ不気味な“黒い影”が移動…「次に死ぬ番」が変化する『ポラロイド』本編映像解禁

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣が手がけたもう一つのホラー映画『ポラロイド』が7月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー。

本作は、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』プロデューサーのロイ・リーが製作を務め、同日公開となるリブート版『チャイルド・プレイ』のラース・クレヴバーグがメガホンをとった絶望のノンストップ・フォト・ホラー。本作はクレヴバーグ監督が手掛けた15分のショートフィルム『POLAROID』がきっかけで制作がスタート。短編がスペインのトレモリノスファンタスティック映画祭で発表され、そのあまりの恐ろしさと“ポラロイドカメラ”=死の装置となる斬新なアイデアで「最優秀ショートホラーフィルム賞」を獲得しホラー映画ファンの話題を一躍さらった。監督の才能はすぐさまハリウッドの目に留まり、今回セルフリメイクで長編初にしてハリウッドデビュー作品『ポラロイド』を全く新しく、そして前作をはるかに超える恐怖を生み落した。

この度解禁された本編映像は、高校生男女4人がカフェに集まり、身の周りで続く友人た
ちの不可解な死の原因が“ポラロイドカメラ”にあるのでは、と話し合ううちに男子学生コナーとデヴィンが口論になるシーンから始まる。次第にカメラを廻り揉み合ううちに誤ってシャッターを切ってしまい―。カメラから吐き出された写真にはデヴィンの顔が浮かび上がる。すると、これまで別の写真に映り込んでいた不気味な“黒い影”がデヴィンが写る写真に移動するという奇怪な現象が…。「次に死ぬ番」がデヴィンに変わった瞬間を確かに目撃する4人。恐怖と苛立ちにより、逆上したデヴィンはカメラを取り上げ次々と友人たちに向ける。恐怖を前に友情は壊れ落ち戦慄が走る。この後この4人はどうなってしまうのか?写真を移動する不気味な黒い影の正体とは…?
『ポラロイド』は2019年7月19日(金)公開。

©2019 DPC SUB 1A1,LLC

最終更新日
2019-07-18 09:00:00
提供
映画の時間編集部

広告を非表示にするには