ある一生 作品情報

あるいっしょう

ある一生のイメージ画像1

1900年頃、オーストリアのアルプス地方。孤児の少年アンドレアス・エッガー(イヴァン・グスタフィク)は、渓谷で暮らす遠い親戚クランツシュトッカー(アンドレアス・ルスト)の農場に引き取られる。しかし、農場主にとって孤児は安価な働き手に過ぎず、虐げられたエッガーにとって、心の支えは老婆アーンル(マリアンヌ・ゼーゲブレヒト)の存在だけだった。やがて成長したエッガー(シュテファン・ゴルスキー)は、アーンルが亡くなると留まる理由のなくなった農場を出て、日雇い労働者として生計を立てるようになる。渓谷に電気と観光客をもたらすロープウェーの建設作業員として働いているとき、最愛の女性マリー(ユリア・フランツ・リヒター)と出会い、結婚。山奥の木造小屋で、満たされた暮らしを送り始める。しかし、幸せな時間は長くは続かなかった……。第二次世界大戦が勃発し、戦地に召集されたエッガーはソ連軍の捕虜となり、ようやく谷に戻ることができたのは、何年も経ってからだった。時は過ぎ、観光客で溢れ返る渓谷で人生の終焉を迎えたエッガー(アウグスト・ツィルナー)に、過去の出来事がフラッシュバック。生涯を共にしたアルプスの光景を前に立ち尽くす……。

「ある一生」の解説

世界40ヵ国以上で発行160万部を超え、ブッカー賞最終候補にもなったローベルト・ゼーターラーのベストセラー小説を映画化。雄大なアルプスの風景をバックに、暴力や戦争、貧困に耐えて激動の20世紀を生きた孤児アンドレアス・エッガーの人生を描く。出演はオーストリアやドイツで活躍するシュテファン・ゴルスキー、「ヒトラーの贋札」のアウグスト・ツィルナー。

ある一生のイメージ画像1 ある一生のイメージ画像1 ある一生のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年7月12日
キャスト 監督ハンス・シュタインビッヒラー
原作ローベルト・ゼーターラー
出演シュテファン・ゴルスキー アウグスト・ツィルナー アンドレアス・ルスト ユリア・フランツ・リヒター イヴァン・グスタフィク
配給 アット エンタテインメント
制作国 ドイツ=オーストリア(2023)
上映時間 115分
公式サイト https://www.awholelife-movie.com/

(C)2023 EPO Film Wien/ TOBIS Filmproduktion München

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「人生は、正に、ロック(巌)!!」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-07-19

神を信じたことがないという彼は、神を信じていると言う男に虐げられる。

神を私たちは、時に、愛と言う一言で表現する。愛とは忍耐と時に表現する。

忍耐とは、母が泣き言を言わず辛抱強く育てる様子でよく例えられる。

希望を持ち、忍耐強く、泣き言を言わず生きれば大概の夢は叶う。

彼もまた、多くは望まず夢を叶えて行く。

信仰を持たないはずの彼が一番、神の望む姿に近いと言うパラダイム。

彼は、死を恐れたたことがないと言う。

神を信じているなら、

愛は忍耐と知り、

死を恐れず

泣き言を言わず

希望を持ち

夢を叶えて行く。

私たちは、必ず訪れる死を異常に恐れ、希望を持ち夢を叶えることを忘れ、いつも、泣き言ばかりを呟いて(Xにポストして)しまう。弱いけれど強くも生きれるのである。

生きる意味の根底にある真理を思い出させてくれる作品でした。

最終更新日:2024-07-23 11:00:02

広告を非表示にするには