タイガー 裏切りのスパイ 作品情報

たいがーうらぎりのすぱい

タイガー  裏切りのスパイのイメージ画像1
タイガー  裏切りのスパイのイメージ画像2

インドの国家諜報機関RAWでは女性局長のメナン(レーヴァティ)が、亡くなった最高責任者シェノイに代わり指揮を執っていた。アフガニスタンに潜入していたエージェントのゴーピー(ランヴィール・ショーリー)が危機に陥り、メナンはタイガー(サルマーン・カーン)に救出を依頼する。タイガーは瀕死のゴーピーを救い出し、ヘリに乗せるが、ゴーピーは「二重スパイがいる。女性……ゾヤだ」と言い残し、絶命する。妻ゾヤ(カトリーナ・カイフ)への疑念を抱きつつ帰宅したタイガーは、少年に成長したジュニアとの日常の暮らしに戻る。しかし、次の任務でロシアに赴いたタイガーを襲ったのはゾヤだった。1999年、パキスタン国家諜報機関ISIのエージェントだったゾヤの父がテロで亡くなり、ゾヤはISIのアーティシュ・ラフマーン(イムラーン・ハーシュミー)をメンターとして組織に加わったが、彼に従わざるを得ない事態が起きたのだった。12年前にある事件でISIを追放されたアーティシュは、現首相イラニ(シムラン)を暗殺し、軍の指導者とともにパキスタンの全権を掌握することを目論み、そのためにゾヤとタイガーを利用しようとしていた……。

「タイガー 裏切りのスパイ」の解説

「プレーム兄貴、王になる」のサルマーン・カーン主演のスパイアクション。アフガニスタン潜入中に危機に陥ったエージェントのゴーピーを、救出したタイガー。瀕死の状態だったゴーピーは、ゾヤという女性が“ダブルスパイ”だと言う言葉を残して亡くなってしまい……。出演は、「タイガー 伝説のスパイ」のカトリーナ・カイフ、「汚れたミルク あるセールスマンの告発」のイムラーン・ハーシュミー。

タイガー  裏切りのスパイのイメージ画像2

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年5月3日
キャスト 監督マニーシュ・シャルマー
出演サルマーン・カーン カトリーナ・カイフ イムラーン・ハーシュミー
配給 ツイン
制作国 インド(2023)
年齢制限 R-15
上映時間 156分
公式サイト https://tiger3-movie.com/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「パターンの多彩なるパターン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-05-10

かなりアクション性の高いスパイもの。ラブロマンス性は低めなので、ご注意下さい。

ただ、エンドロール前に、お約束の歌に躍りのオンパレードと、次回へのチラ見せ映像がありますので、会場が明るくなるまで待ったほうがいいですね。

作品は、今まで鑑賞したことはないと思ったのですが、

『パターン』と言う作品を前回鑑賞して、そこに登場していて、なんだか分からない人物が、今作で、理解でき、『パターン』と同じく、危機一髪の時に登場と言うコラボでした。『パターン』を鑑賞していると複雑なインドとパキスタンの関係もより理解しやすいでしょう?

『タイガー』、正に、ベンガル虎のように、自分を上回る敵でさえ倒してしまう存在。『パターン』の口コミでは、言及しませんでしたが、『ミッション・インポッシブル』は、かなりインド映画を意識しているのが分かります。

『タイガー』は、正に、上回るハリウッド作品を越えた作品です。

ぜひ、この機会に、再上映の『パターン』と併せて鑑賞をおすすめです。

因に、かつての宝塚のホワイトタイガーもベンガル虎です。すべてのタイガーファイト!?

最終更新日:2024-07-05 02:00:14

広告を非表示にするには