フィリップ 作品情報

ふぃりっぷ

フィリップのイメージ画像1
フィリップのイメージ画像2

1941年。ポーランド・ワルシャワのゲットーで暮らすポーランド系ユダヤ人フィリップ(エリック・クルム・ジュニア)は、ゲットーで開催された舞台で恋人サラとダンスを披露する直前、ナチスによる銃撃によってサラや家族、親戚を目の前で殺されてしまう……。2年後、フィリップはフランクフルトにある高級ホテルのレストランでウェイターとして働いていた。自身をフランス人と名乗り、戦場に夫を送り出した孤独なナチス上流階級の女性たちを次々と誘惑することでナチスへの復讐を果たすフィリップ。そんなある日、プールサイドで知的な美しいドイツ人のリザ(カロリーネ・ハルティヒ)と出会った彼は、復讐から一転、愛に目覚めてゆく。連合国軍による空襲が続くなか、フィリップが勤務するホテルでナチス将校の結婚披露パーティーが開催される。だがその日、同僚で親友のピエール(ヴィクトール・ムーテレ)が理不尽な理由で銃殺され……。

「フィリップ」の解説

長い間発禁処分になっていたポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説を基に映画化。ナチスによって両親や恋人を目の前で殺されたフィリップ。復讐を誓った彼は高級ホテルのレストランで働きながら、孤独なナチス将校の妻たちを誘惑するのだが……。出演は、ポーランドをはじめ各国のTVシリーズなどで活躍するエリック・クルム・ジュニア、『カタコンブ~地下墓地の秘密~』のヴィクトール・ムーテレ。監督は「カティンの森」「残像」など後期アンジェイ・ワイダ作品の製作を務めたミハウ・クフィェチンスキ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年6月21日
キャスト 監督ミハウ・クフィェチンスキ
原作レオポルド・ティルマンド
出演エリック・クルム・ジュニア ヴィクトール・ムーテレ カロリーネ・ハルティヒ ゾーイ・シュトラウプ ジョゼフ・アルタムーラ トム・ファン・ケセル ガブリエル・ラープ ロベルト・ヴィエツキーヴィッチ サンドラ・ドルジマルスカ ハンナ・スレジンスカ マテウシュ・ジェジニチャク フィリップ・ギンシュ ニコラス・プシュゴダ
配給 彩プロ
制作国 ポーランド(2022)
年齢制限 R-15
上映時間 124分
公式サイト https://filip.ayapro.ne.jp/

(C)TELEWIZJA POLSKA S.A. AKSON STUDIO SP. Z.O.O. 2022

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「愛の逃亡劇」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-06-28

すっかり、青年の復讐をとげる物語かと思っていましたが、

何々、スナイパー、工作員並の人物。

隠蔽工作が解かれ、明らかとなった、ケネディ大統領暗殺の全貌。

60年も経てば、関係者もほぼ他界、ヨーロッパでもかなり変貌を遂げたポーランド、その内を開示しても問題はなくなったのでしょう?

スパイ、工作モノの要素が強く、少しラブロマンスで濁していますが、フィリップが、賢くて強く、スナイパー並の腕前と立ち居振舞い。

果たして、彼は、単なる復讐者なのか?

自伝的なら、この作品は、後々の様々な映画の題材となったでしょう?

そのネタ元だからと言う落ちなのかも知れません?

最終更新日:2024-07-24 19:48:16

広告を非表示にするには