ブリンダーヴァナム 恋の輪舞 作品情報

ぶりんだーばなむこいのりんぶ

ブリンダーヴァナム 恋の輪舞のイメージ画像1

ハイダラーバードに住む大企業のオーナーの息子“クリシュ”ことクリシュナ(NTRジュニア)はある時、両親公認の恋人インドゥ(サマンタ)から、“友人のブーミ(カージャル・アガルワール)を助けるため、一肌脱いでほしい”と頼まれる。粗暴な従兄(アジャイ)との結婚を迫られたブーミがそれを避けるためには、相思相愛の恋人がいることを父に伝える必要があり、その恋人役をクリシュに演じて欲しいというのだ。だが、ラーヤラシーマ地方出身のブーミの父バーヌ・プラサード(プラカーシュ・ラージ)は、典型的なファクショニスト。すなわち、古くからその地に根をはり、武装した部下を抱え、ライバルと暴力的な衝突を繰り返す小領主の末裔だった。インドゥの強い求めにより、渋々、ブーミと共にラーヤラシーマへ赴くクリシュ。ブーミの生家“ブリンダーヴァナム”は、大家族が暮らす豪壮な屋敷だったが、案の定、家長のバーヌ・プラサードは川ひとつ隔てた隣村のファクショニスト、シヴァ・プラサード(シュリーハリ)と激しく対立していた。“平凡な勤め人の息子”と身分を偽ったクリシュは、一癖ある親族たちの複雑な人間関係の隙間を縫って、ブーミを助けようとするが……。

「ブリンダーヴァナム 恋の輪舞」の解説

「RRR」のNTRジュニア主演のテルグ語映画。恋人インドゥから、粗暴な従兄との結婚を迫られた友人ブーミを助けてほしいと頼まれたクリシュは、インドゥと共に、恋人を装い、ブーミの実家を訪れる。だが、ブーミの父は、近隣の一族と激しく対立していた。共演は「マガディーラ 勇者転生」のカージャル・アガルワール、「ランガスタラム」のサマンタ。

ブリンダーヴァナム 恋の輪舞のイメージ画像1 ブリンダーヴァナム 恋の輪舞のイメージ画像1 ブリンダーヴァナム 恋の輪舞のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年3月15日
キャスト 監督ヴァムシー・パイディパッリ
出演NTRジュニア カージャル・アガルワール サマンタ プラカーシュ・ラージ シュリーハリ ブラフマーナンダム
配給 インドエイガジャパン
制作国 インド(2010)
上映時間 170分
公式サイト https://indoeiga.co.jp/brindavanam

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「そこが、そここそが、あなたのホーム」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-03-24

♪ホームにて

ふと立ち止まり

気が付けば

アウェイのはずが

もはや我が家なり


ホームと家(ふるさと)など巧みに織り込んだ歌は、

正に、幸せの家、ブリンダー・ヴァナムの物語の展開、


自覚とは、

関西の皆が自覚したら、関西一円に雪が降った。唐突のニュースはすんなり理解できる。

私たちは、心と言う雲を事実と思い込む。

仏に会っては仏を殺せと言うが、

仏師を敬わないのではない、

あなたの不動神(不動明王)
を確立し、移り行く雲ではなく、空(宇宙)があなたである自覚が大切。

誰しもが、神仏な存在、その揺るぎない自らを自覚しなさいと言う教え。

強い、イケてる人間は、強弱はありながら自覚しているし、弱虫、ダメな人間だと言う人間もそう自覚している。

あなたは、空(宇宙)に、より素晴らし自分を自覚(迷いなく成りたい姿を描く)しないといけない。

あなたが、主人公、クリシュナ神の役さえ演じられる尊い存在。

最終更新日:2024-07-12 02:00:01

広告を非表示にするには