邪魚隊 ジャッコタイ 作品情報

じゃっこたい

邪魚隊 ジャッコタイのイメージ画像1
邪魚隊 ジャッコタイのイメージ画像2

天下泰平の江戸時代。人々の平和な暮らしの裏側に、限られた者しか存在を知らない特殊部隊【邪魚隊】があった。スリ師の鱗蔵(佐藤流司)、拷問仕掛けの天才・スルメ(橋本祥平)、毒の処方医・鮒右衛門(小柳心)、変装の達人・比売知(廣瀬智紀)からなる邪魚隊は全員が死刑囚。死刑免除と引き換えに、死と隣り合わせの危険な闇仕事を任される隠密部隊である。今回、邪魚隊に下された任務は、謎の集団・お太鼓教へ潜入し“ある物”を盗み出すこと。昨今、江戸の町では人が突然消える事件が続出。それらは人喰い鬼の仕業と恐れられ、一方でお太鼓教の教祖・安食満親(石井一彰)は鬼から人を守る救いの神として崇められていた。だが、将軍・徳川吉宗(永井大)ら幕府はお太鼓教と鬼との関係に疑問を抱いていた。御典医・蓼丸玄庵(輝馬)によると、その“ある物”が、鬼退治に役立つというのだ。そんななか、邪魚隊の前に水野平馬(阿久津仁愛)という堅物侍が現れる。生き別れの姉を探す旅を続けていた平馬だったが、お太鼓教の歌姫・音御前(高田夏帆)こそが姉であると確信。真実を知るため、鱗蔵たちとともにお太鼓教に忍び込む。ところが、平馬の行動が生んだアクシデントにより、鱗蔵たちは安食の側近・多々良(玉城裕規)に捕えられてしまう。さらに、目の前に現れた安食によって、鱗蔵の封印していた過去が甦る。はたして、邪魚隊はお太鼓教の陰謀から江戸の町を救えるのか。人喰い鬼とならず者たちの妖美にして痛快な戦いが今始まる……。

「邪魚隊 ジャッコタイ」の解説

映画と舞台の連動企画『ムビ×ステ』初となるミュージカル時代劇。江戸時代。死刑免除と引き換えに、死と隣り合わせの危険な闇仕事を担う隠密部隊・邪魚隊。世間を騒がしている人喰い鬼の退治に役立つという“ある物”を盗み出すため、謎の教団・お太鼓教へ潜入する。出演は「HiGH&LOW THE WORST X」の佐藤流司、「美男ペコパンと悪魔」の阿久津仁愛、「映画 文豪ストレイドッグス BEAST」の橋本祥平。監督は「科捜研の女 劇場版」の兼崎涼介。

邪魚隊 ジャッコタイのイメージ画像2

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年5月31日公開予定
キャスト 監督兼崎涼介
出演佐藤流司 阿久津仁愛 橋本祥平 小柳心 廣瀬智紀 高田夏帆 姜暢雄 輝馬 横山涼 吉岡睦雄 玉城裕規 石井一彰 永井大
配給 東映ビデオ
制作国 日本(2024)
上映時間 84分
公式サイト https://toei-movie-st.com/jakkotai/

(C)2024 toei-movie-st

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「邪魚隊 ジャッコタイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-29 20:27:21

広告を非表示にするには