トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代 作品情報

とのばんおんがくかかとうかずひことそのじだい

トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代のイメージ画像1

高橋幸宏の想いから企画された不世出の音楽家・加藤和彦の軌跡を追った初の音楽ドキュメンタリー映画。サディスティック・ミカ・バンドの海外公演やレコーディング風景などの貴重映像を交え、日本初のミリオンヒットを生んだザ・フォーク・クルセダーズ結成秘話や日本のポップスの金字塔とも言える“ヨーロッパ三部作”に隠された逸話が明らかに。そして、不朽の名曲『あの素晴しい愛をもう一度』を新たにレコーディング。様々なジャンルのミュージシャンで紡がれ、進化し続ける楽曲の姿がスクリーンに映し出される。日本のロック・ポップス黎明期から時代を先取りした革新性や音楽性は、今なお世代を超えて多くの人々に影響を与えて続けている。

「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」の解説

2009年に亡くなった不世出の音楽家・加藤和彦の軌跡を追った音楽ドキュメンタリー。日本初のミリオンヒットを生んだザ・フォーク・クルセダーズ結成秘話や日本のポップスの金字塔“ヨーロッパ三部作”に隠された逸話が、貴重映像の数々と共に明かされる。企画・監督・プロデュースは、「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」、「音響ハウス Melody-Go-Round」の相原裕美。

トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代のイメージ画像1 トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代のイメージ画像1 トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年5月31日
キャスト 監督相原裕美
出演加藤和彦 きたやまおさむ 松山猛 朝妻一郎 新田和長 つのだ☆ひろ 高橋幸宏 小原礼 今井裕 高中正義 クリス・トーマス 泉谷しげる 坂崎幸之助 吉田拓郎 松任谷正隆 坂本龍一 コシノジュンコ
配給 ナカチカピクチャーズ
制作国 日本(2024)
上映時間 119分
公式サイト https://tonoban-movie.jp/

(C)「トノバン」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「『粋』と言う『不協和音』それは『自由』」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-06-14

加藤和彦と言う存在は、私の世代には余り印象にないが、この作品を通して、より身近に感じることができます。

『リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング』
を鑑賞して欧米の音楽が身近に感じる様な作品。
ゴスペルの楽曲のタイトル的だが、それは、全面に出てはいないが、彼が、マスター的、存在なんだろ?

日本人は勘違いしがちだが、欧米も完コピがベースだ、日本の最近の音楽には、完コピがなおざりにされ、売れる作品的が多い。

加藤和彦氏は、『粋』の文化、京都らしい、歴史と伝統を踏まえ、外すから、世界的に愛され続ける。

彼も、粋、不協和音、自由から、ちょっと型にはまり、息苦しくなったのだろう?

本物を知るからこそ、不協和音、自由が、そこに、

シャネルが、高価と廉価をミックスした様に、

京都人らしい彼の人生だったと思う。

つい先日、『四月物語』と言う映画で、挨拶して消えた様に、彼も、傍でこの作品を共に喜んでいた様に、感じた。

最終更新日:2024-07-15 02:00:01

広告を非表示にするには