ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人 作品情報

じゃんぬでゅばりーこくおうさいごのあいじん

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人のイメージ画像1

18世紀のフランス。貧しいお針子の私生児として生まれたジャンヌ・デュ・バリー(マイウェン)は娼婦同然の生活を送っていたが、類まれな美貌と知性で貴族の男たちを魅了し、社交界で名声を高めていく。ついにヴェルサイユ宮殿を訪れたジャンヌと国王ルイ15世(ジョニー・デップ)が対面すると、互いに一瞬で惹かれ合い、生きる活力を失っていた国王を虜にする。ジャンヌは国王の公妾(公式の愛人)となるが、労働階級の庶民が国王の愛人となるのはヴェルサイユのタブーであり、さらに堅苦しいマナーやルールを平気で無視するジャンヌは宮廷の人々から疎まれるようになる。王太子妃マリー・アントワネットも例外なく彼女を嫌っており……。

「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」の解説

ジョニー・デップが全編フランス語で挑み、第76回カンヌ国際映画祭オープニング作品に選出された歴史劇。貧しいお針子の私生児で娼婦同然の生活をしていたジャンヌは、その美貌と知性で社交界の階段を駆け上がり、ついに国王ルイ15世の公妾となるが……。シャネルが本作のためにデザインした衣装を提供、ヴェルサイユ宮殿で撮影を敢行し、贅を尽くしたフランス宮廷を再現した。「パリ警視庁:未成年保護特別部隊」のマイウェンが監督・脚本を手がけ、自ら主人公ジャンヌ役を演じている。出演は、「デリシュ!」のバンジャマン・ラヴェルネ、「ロスト・イン・パリ」のピエール・リシャール、「私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター」のメルヴィル・プポー、「それでも私は生きていく」のパスカル・グレゴリー。

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人のイメージ画像1 ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人のイメージ画像1 ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年2月2日
キャスト 監督マイウェン
出演マイウェン ジョニー・デップ バンジャマン・ラヴェルネ ピエール・リシャール メルヴィル・プポー パスカル・グレゴリー
配給 ロングライド
制作国 フランス = ベルギー =ロシア=サウジアラビア(2023)
上映時間 116分
公式サイト https://longride.jp/jeannedubarry/

(C)2023-WHY NOT PRODUCTIONS-FRANCE 2 CINEMA- FRANCE 3 CINEMA-LA PETITE REINE-IMPALA PRODUCTIONS

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「さあ、愛を勝ち取ろう!!」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-02-09

女性らしい視点で、過激な描写や残忍な描写より、愛情の描写に趣を置いています。

フランス五輪を守り立てる様な作品。

人生の最期は、愛を勝ち取りたい?

手に溢れる財宝よりも、真に愛してくれる愛を勝ち取ろう?

シャネルの衣装提供からしても、ココ・シャネルとジャンヌ・デュ・バリの針子時代から身を立てた様子等似ている点もある。

過激な描写に慣れた一部の方には、物足りないかもしれないが、優しい、女性の視点、タッチ、で、素敵なドレス、イケメン揃いですが、人生の最期は、愛を勝ち取りたい、そんなメッセージが込められているように思います。

五輪競技でも、仕事や何にでも、愛で勝ち取りたい?

金の為に働き、不正が、溢れる世の中には、もううんざり、どの分野も、愛している人間が、勝利者となるべきです。

あなたは、仕事にも愛を込めていますか?

最終更新日:2024-02-26 16:28:00

広告を非表示にするには