カラーパープル(2023) 作品情報

からーぱーぷる

カラーパープル(2023)のイメージ画像1

父親に疎まれ、10 代で望まぬ結婚をしたセリー(ファンテイジア・バリーノ)。夫のせいで最愛の妹とも生き別れるが、不遇な日々の中でもユーモアを忘れない彼女は偶然、人気歌手の世話をすることになる。最初はセリーを軽んじていた彼女だったが、セリーの中にある不屈の精神とユーモアを認め、次第に二人は絆を強めていく。そしてセリーもまた、その絆の中で初めて自分の価値に気づいていく。そしてある出来事をきっかけに、セリーの未来が大きく動き始める……。

「カラーパープル(2023)」の解説

ピューリッツァー賞を受賞したアリス・ウォーカーの小説を、1985年のスティーヴン・スピルバーグ版に続いて二度目の映画化。ブロードウェイで大ヒットしたミュージカル版をベースに、父に疎まれ、10代で望まぬ結婚をした黒人女性の不屈の生き様を描く。出演はブロードウェイ版でも主演を務めたグラミー賞受賞歌手のファンテイジア・バリーノ、「ドリーム」のタラジ・P・ヘンソン、「ラスティン:ワシントンの『あの日』を作った男」のコールマン・ドミンゴ、「リトル・マーメイド」のハリー・ベイリー。

カラーパープル(2023)のイメージ画像1 カラーパープル(2023)のイメージ画像1 カラーパープル(2023)のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年2月9日
キャスト 監督ブリッツ・バザウレ
原作アリス・ウォーカー
出演ファンテイジア・バリーノ タラジ・P・ヘンソン ダニエル・ブルックス コールマン・ドミンゴ コーリー・ホーキンズ ガブリエラ・ウィルソン “H.E.R.” ハリー・ベイリー
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2023)
上映時間 141分
公式サイト https://wwws.warnerbros.co.jp/colorpurple/

(C) 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2024-02-13

観ている人を感動させようとする感じが見え見えで今一つだった感じの作品。
本年度ベスト級。

何だか高評価にしないといけない作品だったけど自分には響かず。

全体的に観ていて辛いシーンが満載。
そんな中、ミュージカルの歌や踊りのシーンが辛さを半減させる感じ。
後半で感動の涙が流れるシーン。
自分は泣けず取り残された感じ。
泣く事を期待して鑑賞したけど残念だった(笑)

子供を出産したセリー。
いきなり赤ちゃんが奪われ、知らない人と結婚させられる展開。
愛しい妹のネティとも生き別れとなってしまう展開。

奴隷の様な扱いを受けるセリー。
髭剃りのシーンは後押ししたくなる。

鑑賞中、辛いシーンの連続でラストに感動の嵐が来ると推測。
その為か感動の涙が発動せず(笑)

期待していた作品だけに満足度は低め。

登場人物の老けて行く感じが違和感無くて素晴らしかったです( ´∀`)

最終更新日:2024-02-26 16:30:28

広告を非表示にするには