マリア 怒りの娘 作品情報

まりあいかりのむすめ

マリア 怒りの娘のイメージ画像1

美しい湖のほとりに広がるゴミ集積場の近くで母と幸せに暮らす11歳の少女マリア(アラ・アレハンドラ・メダル)。だがその生活は苦しく、母は飼い犬を売って暮らしの足しにしようとするが、取引は不意の出来事により失敗。トラブルを解決するため母は娘をリサイクル施設に預け、街へと出かける。「すぐに戻る」という母の言葉を信じて待つマリア。だが、母は何日経っても戻らない。戸惑い、混乱し、言葉にならない怒りを募らせてゆくマリアは、母に会いたい一心で施設を抜け出し、母を捜す旅へ出る……。

「マリア 怒りの娘」の解説

ニカラグア出身の女性監督による初の長編映画。ゴミ集積場の近くで母と暮らす11歳の少女マリア。あるトラブルを解決するため、娘を施設に預け、街へと出かけた母だったが、何日経っても戻らない。母に会いたい一心で、マリアは施設を抜け出し、母を捜す旅へ出る。ニカラグア出身の女性監督、ローラ・バウマイスターによる長編デビュー作。

マリア 怒りの娘のイメージ画像1 マリア 怒りの娘のイメージ画像1 マリア 怒りの娘のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年2月24日
キャスト 監督ローラ・バウマイスター
出演アラ・アレハンドラ・メダル バージニア・セビリア カルロス・グティエレス ノエ・エルナンデス ダイアナ・セダノ
配給 ストロール
制作国 ニカラグア=メキシコ=オランダ=ドイツ=フランス=ノルウェー=スペイン(2022)
上映時間 91分
公式サイト https://strollfilms.com/daughter

(C) Felipa S.A. - Mart Films S.A. de C.V. - Halal Scripted B.V. - Heimatfilm GmbH + CO KG - Promenades Films SARL - Dag Hoel Filmprooduksjon as - Cardon Pictures LLC - Nephilim Producciones S.L. - 2022

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「マリア 怒りの娘」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-06-22 02:00:13

広告を非表示にするには