12日の殺人 作品情報

じゅうににちのさつじん

12日の殺人のイメージ画像1

10月12日の夜、フランス南東の地方都市グルノーブルで、女子大生クララが帰宅途中に何者かに火をつけられ、その翌朝、焼死体が発見された。刑事ヨアン(バスティアン・ブイヨン)を班長とした捜査班は関係者への聞き込みを開始。すると、男たちが全員クララと関係していたことが判明する。クララの殺害が計画的犯行であることは明白であったが、捜査線上に浮上する人物たちを誰一人として容疑者と特定することができない。事件解決の糸口が見つからず、やがてヨアンは訳もなく事件が頭から離れなくなり、事件の闇に飲み込まれていく。

「12日の殺人」の解説

「悪なき殺人」のドミニク・モルが監督、2022年第48回セザール賞作品賞・監督賞など6冠に輝いたスリラー。10月12日、女子大生のクララが焼き殺される。次々と容疑者が捜査線上に浮かぶも事件はいつしか迷宮入りし、ヨアン刑事は事件の闇に飲み込まれていく。事件にのめり込んでいく刑事ヨアンを「悪なき殺人」にも出演しているバスティアン・ブイヨンが、ベテラン刑事マルソーを「RAW 少女のめざめ」のブーリ・ランネールが演じる。2022年第75回カンヌ国際映画祭プレミア部門出品作品。第48回セザール賞にて作品賞・監督賞・助演男優賞(ブーリ・ランネール)・有望若手男優賞(バスティアン・ブイヨン)・脚色賞・音響賞を受賞。第28回ルミエール賞にて作品賞・脚色賞を受賞。

12日の殺人のイメージ画像1 12日の殺人のイメージ画像1 12日の殺人のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年3月15日
キャスト 監督ドミニク・モル
出演バスティアン・ブイヨン ブーリ・ランネール テオ・チョルビ ヨハン・ディオネ ティヴー・ エヴェラー ポリーン・セリエ ルーラ・コットン・フラピエ
配給 STAR CHANNEL MOVIES
制作国 フランス(2022)
上映時間 114分
公式サイト https://12th-movie.com/

(C) 2022 - Haut et Court - Versus Production - Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

動画配信で映画を観よう! [PR]

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2024-04-08

刑事が殺人犯を突き止める為、多くの人に聞き取り調査をする会話劇。
本年度ベスト級。

本作の監督の前作のフランスの山奥で女性が殺された作品が面白かったので鑑賞。
本作は終始会話劇って感じで前作とは違った意味で楽しめた感じ。

ある女子大生が深夜、何者かに殺され2人の刑事が犯人を捜しだそうとするストーリー。

刑事が殺された女子大生の知り合いに聞き取り調査をして行く展開。

刑事が怪しいと思われる人物を犯人にしようと早く事件をクローズさせたい感じがちょっと恐ろしい。
どこの国の警察も怪しい人物を犯人に仕立て上げようとする感じに考えさせられる。

本作は実話ベースの作品との事で、犯人が解らず迷宮入りするんだけど、映画と言うことで意外性のある犯人だったとか一捻りして欲しかった感じ。

刑事が自転車に乗って競技トラックを走っているシーンが散見されたけど何の意味があったのか?
解りませんでした( ´∀`)

最終更新日:2024-04-18 16:00:02

広告を非表示にするには